見てるだけでワクワクする…! クリア素材の文房具6選

見てるだけでワクワクする…! クリア素材の文房具6選

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは? しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方ひとつで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。

第50回目のテーマは、インスタなどSNS映えする「クリア素材の文房具」です。

ターコイズブルーが美しい「ボールペン」

BLN75TL-S3

BLN75TL-S3_hand

DSCF1346

累計販売本数7億本を超える人気ブランド「エナージェル」の新シリーズ「エナージェル インフリー」は透明フォルムでインクの色がきれいに見えます。スタンダードなブラックのほか、ブルーブラックやオレンジなど、全5色を展開していますが、なかでもおすすめなのが鮮やかな発色のターコイズブルー。ノートが汚れるストレスもなく、スムーズにペンを走らせることができるので、書くことが楽しくなりそう!

商品名:エナージェル インフリー(ぺんてる)
インク色:ブラック、ブルー、ブルーブラック、オレンジ、ターコイズブルー
価格:各200円(税抜)

テープあとが残らない「ジェルのテープ」

テープscene②

テープアソートPK①

テープボーダーscene

gel_nagoya_014

何度でも貼ったり剥(は)がしたりできる「貼ってはがせるジェルのテープ」。粘着性があるポリウレタンジェルの特性を生かして、画びょうが使えない壁やガラス、テープあとを残したくない場所に、写真やメモを貼ることができます。粘着力が弱くなったら、ホコリを水で洗い流し、乾かすことで再度使うことが可能です。

全6色を展開するテープは、「丸カドテープ」と「カットテープ」の2種類の形から選べます。無地のほかにドットやストライプ柄もあり、とってもかわいい! また、テープ以外に、フォトフレームのように使えるカドフレームやバーフレームもあるので、用途に応じて選んでみてください。

商品名:貼ってはがせるジェルのテープ(イイダ産業)
カラー:クリア、ブラック、イエロー、ブルー、オレンジ、グリーン
価格:950円(12枚入り、税抜)

人気シリーズから透明な「消しゴム」が新登場!

クリアレーダー100_高

クリアレーダー_使用イメージ_高

特に関西を中心に“青いケースの消しゴム”で親しまれている「レーダー」シリーズの新製品「クリアレーダー」が9月に発売されました。半透明の消しゴムは数あれど、ここまでクリアな消しゴムは珍しいのでは?

また、水色のケースも透明素材なので、アイスキューブみたいな見た目がとってもかわいい! もちろん、消し心地や折れにくさなど、消しゴムとしての機能もバッチリです。

商品名:クリアレーダー(シード)
価格:クリアレーダー100/100円、クリアレーダー150/150円(ともに税抜)

おもてなしに大活躍「おりがみ」

カラーミックス

レース柄白(表)

切子カラーミックスパッケージ

IMG_0720

IMG_1014

「お風呂で遊べる折り紙が欲しい」という要望から生まれた「オリエステルおりがみ」。光沢感のある透明フィルムで折った作品は、まるで美しいガラス細工のよう。水中を泳ぐ金魚柄や繊細なレース模様、伝統的な切り子模様など、デザインも豊富です。

子供はもちろん、大人も楽しめるアイテムで、ホームパーティーのときに鶴を折って箸置きにするなど、テーブルコーディネートにも大活躍しそうです。

商品名:オリエステルおりがみ(東洋紡STC)
価格:280円~980円(税抜)

コスメチックな「付せん」

4991277211540

4991277220375

リップグロスのようなケース入りフィルム付箋(ふせん)「グロススティックマーカー」。「第28回日本文具大賞2019デザイン部門」で優秀賞に輝いた人気アイテムです。

フーシャピンクやローズピンク、アプリコットオレンジなど、本物のグロスのようなカラー展開も魅力的。このほか、花やフルーツ、スイーツなど、かわいらしいデザインがそろっています。それぞれ、2種類の柄が各70枚入っているので、オフィスでもプライベートでも、気軽にたっぷり使えるのもうれしいですね。ケース入りなので、汚れたり折れたりせず、持ち運びにもピッタリです!

商品名:グロススティックマーカー(カミオジャパン)
価格:380~450円(税抜)

「万年筆」は揺らめくインクを眺めて楽しんで

サンセットオレンジ

サンセットオレンジ

ライムグリーン

ライムグリーン

最後にご紹介するのは、昨年に日本に本格上陸した台湾の筆記具ブランド・TWSBI(ツイスビー)の万年筆「TWSBI ECO(ツイスビーエコ)」。クリアボディなので、インクの色合いや透明度を眺めて楽しめます。

価格も1本5,000円とお手頃なので、好きな色のインクの数だけそろえたい。キャップ色は、クリアをはじめ、ブラックやホワイト、ターコイズ、ピンクなど10色以上を展開。サンセットオレンジは日本だけのオリジナルカラーです。

商品名:TWSBI ECO(TWSBI)
カラー:クリア、ブラック、ホワイト、ターコイズ、ライムグリーン、ピンク、サンセットオレンジ、ブルー(ECO-T)、イエローグリーン(ECO-T)
※ECO-T:柔らかい三角形のキャップが目印のTWSBI ECO(エコ)シリーズの派生モデル。グリップにも改良が施され、しっかりと持ち手が固定できるようになりました。
価格:各5,000円(税抜)

まきの一言メモ

今回はフォトジェニックなクリア素材の文房具を紹介しました。涼しげな見た目で夏にもぴったりですが、最近はSNS映えを意識してか、クリア文房具は常に人気のアイテムに。ぜひ1年通して使ってみてください。

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

見てるだけでワクワクする…! クリア素材の文房具6選

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング