#自尊心ブート 長田杏奈さんトークイベント第2回

全員美人を主張するのは自己満足? 長田杏奈さんが目指しているもの

全員美人を主張するのは自己満足? 長田杏奈さんが目指しているもの

女性誌やウェブメディアなどで数々の美容記事を手がけるライターの長田杏奈さん。ツイッターでは「おさ旦那/長田杏奈」として、美容のこと以外にも私たちを刺激してくれるメッセージを発信しています。

長田さんの初の著書『美容は自尊心の筋トレ』(Pヴァイン)が6月に出版され、その発売記念トークイベントが2019年6月25日に TSUTAYA TOKYO ROPPONGI(東京都港区)で行われました。ゲストは、劇団雌猫のひらりささんと、She is編集長の野村由芽さん。

出版記念イベントは初めてという長田さんの、記念すべきイベントの様子を全4回にわたってリポートします。

前世は恋多き男性だったかもしれない

長田:『美容は自尊心の筋トレ』のテーマは全員美人。普段の仕事では「こうすればキレイになれるよ」というテーマを扱うことが多いのですが、「そんなことやらなくても、そもそもみんなキレイだよね?」という思いがあって。

というか、「今のままではキレイじゃない」というメッセージにも取れる美容が溢れている状況が、アンヘルシーだなと思ったんです。で、キレイの条件ばかりが課されることに、だんだんフラストレーションが溜まってきて。いや全員可愛いよね。そのままで可愛いじゃん!!!みたいな(笑)。

どこかでこのことを伝えていかなきゃなという思いが募っていたので、「全員美人原理主義」をこの本の中にはふんだんに盛り込みました。

ひらりさ:なるほど。

長田:でも、いきなり「全員美人だ」と言われてもなかなか信じられないですよね。だから、本を構成するときに「他人と比較する話」を最初に持ってきたほうがいいと言われたんです。だけど、タイトル同様、私はどうしても全員美人であるという話を最初にしたくて、その意志を貫かせてもらいました。

野村:全員美人主義になったのはいつからですか? 

長田:高校生のときかな。

野村:高校生くらいだと、クラスの中で「あの子可愛い」みたいなことをジャッジしたり、暗に共有したりする文化があることも多いじゃないですか。そういう中でも、全員美人だと思っていた?

長田:うん。みんな自分の魅力をわかってないなーと思っていました。もしかしたら私、前世はものすごく恋多き男性で、あの子もこの子も可愛いなっていう目で見ていたんじゃないかな(笑)。

どんなマウントも跳ね返すパワーワード「私は私がいい」

野村:本の中で、クラスメイトの美しさを絵画にたとえているのが印象的でした。あの人は、シャガールみたいな美人だねとかって。

長田:そう。人物をシャープに描く(アメデオ・クレメンテ)モディリアーニとか、ふくふくとした女性が魅力的な(ピエール=オーギュスト)ルノワールとか。どっちが絶対美人なんて正解はないじゃないですか。

野村:作風が違いますもんね。

ひらりさ:「クラス1の美人とも交換したくない顔」の項目で、ちょっと意地悪なSちゃんが、おとなしめなクラスメートのKさんに「美人のU子と杏奈、顔が交換できるなら誰の顔になりたい?」みたいなことを聞くシーンが出てきますよね。

長田:Kさんが、「私は私の顔が好きだから、自分の顔のままがいい」って返して終わったエピソードですね。マウントを取ろうと思ったら失敗した話。自分が一番いいと思っているんだって言えば、どんなマウントも無効になるわけですよ。

ひらりさ:まさに自尊心の話だなって思いました。

P1070134

多様性で思い出すのはムーミン谷

ひらりさ:次のテーマは、ムーミン谷。……マウンティングから急に平和になった(笑)。

長田:私、小学生の頃からムーミンが大好きで。多様性とかダイバーシティ&インクルージョン、みたいな言葉を聞くと、なんとなく思い描くのはムーミン谷なんです。世界が、ああいう感じになってほしいなって。

ひらりさ:ああいう感じって?

長田:ムーミン谷には、すごく性格の悪い子とか、すごく自分大好きな子、ルールにうるさい子。いびつな性格のキャラクターがいっぱい住んでいるんですよ。みんな見た目も全然違って。だけど、それぞれがムーミン谷っていいなって思いながら暮らしているというのがすごく好きなんです。中でも、黒くてモサモサのモランという女性の魔物のキャラクターに思い入れがあるんですけど……。

彼女は全てを凍りつかせる孤独な存在として描かれていて、彼女が来ると寒くなるし、暗くなるみたいな感じなの。あるエピソードでは、みんなが楽しく祭りをしているときにやって来て、焚き火を消しちゃうんです。彼女は明るいものや温かいものに惹かれる傾向があるみたいなんだけど、みんなが盛り上がっているところにやってきて、盛り下げて。解散させてしまう。

ひらりさ:ちょっと迷惑ですね。

長田:でしょう? 多様性のないところだと、「ここから出ていけ!」ってなるだろうけど、ムーミン谷はモランを出ていかせない。というのが、コミュニティとして信頼できるし、私はそういうのが好きだなと思って。別にみんなと仲良くしなくてもいいけど、存在自体は認めるっていうか。

野村:そういうところをお互いに許し合えるっていう。

長田:うん。原作を読むと、より生物の持つ汚い部分も出ているけれども、その汚さがいいって思う。そして、自分とはちがう他人に「あっち行け!」と言わないためには、自分のことを好きでいるってことが大事だと思うんですよね。

■書籍情報

長田杏奈さんの著書はこちら『美容は自尊心の筋トレ 』(ele-king books)

劇団雌猫の最新刊はこちら『本業はオタクです。-シュミも楽しむあの人の仕事術』 (中央公論新社)

第3回は9月20日(金)公開予定です。
(構成:安次富陽子)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

全員美人を主張するのは自己満足? 長田杏奈さんが目指しているもの

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング