女子と性欲座談会Ⅱ 第1回

タブー視されがちでも…。働き女子とオトナの動画について語ってみた【女の性欲】

タブー視されがちでも…。働き女子とオトナの動画について語ってみた【女の性欲】

女性向けのアダルトグッズやサービスが増え、セックスもオナニーも女性が肯定的に自分の性を楽しめるようになりつつある昨今ですが、AVっていったいどれくらいの人が観ているものなのでしょうか?

「やっぱり女性向けにつくられたAVが一番いいの?」「実際のセックスに役立ったりするの?」観ない人にはまったくわからない世界ですよね。

でも、あらゆるプロが集まってつくりあげた作品であることは確か。昔からよくAVを観ているという女性3人(偶然同い年の27歳・独身)に集まってもらい、何がきっかけで観はじめたのか、どうやって作品を選ぶのかなどを語り合ってもらいました。

Duniakitaが働く女性の性欲について切り込むこの企画、3回にわたってお送りします。

<座談会参加者>
小森さん(仮名):メーカー勤務。パートナーあり。「イクこと重視」のためサンプル動画を中心に視聴。
太田さん(仮名):アパレル勤務。パートナーなし。「シルクラボ」などの動画を癒し目的でじっくり視聴するのが好き。
柴崎さん(仮名):フリーランス。パートナーあり。日常とはかけ離れた作品が好き。動画を購入して楽しむ派。

初めて観たのは中学生のとき

——まず、最初にAVを観たのはいつか教えてもらえますか? 「エロとの遭遇」みたいなことでもいいです。

小森:ちゃんと観たのは中学生のときです。女友達から「お兄ちゃんのAV観ようよ」って誘われて、蒼井そらさんが出演するAVを2人でこっそり観ました。最初にハードなやつを観ちゃったらショックを受けたかもしれないけど、蒼井そらさんがキレイだったからあまり嫌悪感はなかったですね。その後に無修正のものを観たときは、女性器に絶望を抱いたというか、ちょっとグロいなと思いましたけど……。AVを汚いものと思ったことはないですね。

太田:小森さんが観たのは、ちゃんとしたAVだったんですね。私はガラケー時代……だから学生のときだと思いますが、FC2で無料動画を検索していました。

小森:「ブラウザが固まった! どうしよう!」みたいなこともありましたけど(笑)。

——ブラウザが固まったり、「〇〇円請求します」みたいな表示が出たとき、焦らなかったんですか? 中学生ですよね。

太田:焦りましたよ。めっちゃ怖くて親に相談しました……。「住所特定しました、お金をここに振り込んでください」みたいなメールが毎日来るから、「間違ってクリックしちゃったら、こんなことになって……」とお母さんに相談して。

小森:私も「間違えてクリックしちゃった」って親に言ったことあります。

柴崎:私も父に相談したら「そんなのほっとけ、実際に請求されることなんてないから」って言われて、ほっといたらどうにかなるっていうのを学習しました。こういうとき、心が折れたほうが負けですよね(笑)。

『快感♥フレーズ』を回し読み

——話を聞くと、まずインターネットからエロに入った世代なんですね。今27歳ですもんね、当たり前か。

小森:DVDもインターネットも両方ありましたよ。野球部が使っている倉庫にAVとかエロ本が隠してあったので、それを友達と観たりもしました。

太田:私はすごい田舎出身なんですけど、田舎だからか、小学校の通学路にエロ本が捨ててあったりして。それを誰かが拾ってきて、回し読み。

——みんなで楽しむスタイル(笑)。

小森:ちょっとエッチな少コミ(少女コミック)とかもめっちゃ流行ってました。新條まゆさんの『快感♥フレーズ』(小学館)とか。友達と集まって教室で音読して喘ぎ声になったら負けみたいな遊びをしてて、楽しかったな~!

太田柴崎何その遊び!(笑)

柴崎:『Popteen(ポップティーン)』にきわどい体験談が載ってたりもしましたよね? そのせいで、すごい耳年増になったりして(笑)。

——大人になった今でもエロ情報を友達と共有したりしてるんですか? 「いいのあったよ~」とか。

小森:私はないですね~。

柴崎:私も。

太田:私は友達にそういうの好きな人が多いので、めっちゃシェアしますね。“寝取られ”好きな性癖の友達に、最近読んだ最高の“寝取られマンガ”をシェアしたら、「知ってます。それは“寝取られ”界の最強のやつです」みたいな(笑)。

小森:中高生で少コミとかの話でキャッキャしてたときはみんなオープンだったよね。

柴崎:処女だったから楽しかったんだ、きっと。

小森:中高生のときはファンタジーだったのが、今はドキュメンタリーになっちゃった(笑)。だから、大人の女性の性の話はクローズドな感じになりがちなのかもしれないですね。

AVとリアルなセックスは別

——ファンタジーという言葉が出たので。「AVはファンタジー」とよく言われますが、どう思いますか?

太田:がっつりファンタジーだと思う。

小森:エロじゃない映像でも、普通の私たちの生活がただ垂れ流しになっているだけだとつまんないじゃないですか。面白くするために工夫されてるっていうのは、あらゆる映像で認識したほうがいいのかなってすごく思います。

私、彼氏とセックスするときに自分のスマホで動画を撮って、それ見ながらオナニーしたりするんですけど、「自分のセックスってこんなにつまらないんだ……」って思いましたよ。「好き」と「気持ちいい」しか言ってないし。

——ボキャブラリーは2つのみ(笑)。

小森:そうなんです(笑)。だから、本当にAVってすごいなって思います。

柴崎:AVって、ものすごく編集されたセックスなんですよ。コンテンツとして成り立たせるためのヴィジュアルもそうだし、角度とかもそう。「この体位でこんなに喘ぐわけない」とか思うんですけど、その喘ぐ女性を見て私もムラッとできるわけで、やっぱり「見せるためのセックス」なんだなと思います。私はレイプものが好きなんですけど、実際にレイプされたいわけじゃないし。そもそも合意のないセックスは犯罪だから。

太田:うん。AVが助長してるとか言われるけど、その判断は自分でできなきゃダメだよね。ちょっと方向が変わっちゃうけど……私は部屋の真ん中にベッドがあるのが理解できない。インテリア関連の仕事をしていたので「なんで?」って気をとられてその気になれない(笑)。

柴崎:知り合いの女性関係が派手な男性が部屋の真ん中にベッドを置いてて、「これはAVを参考にしているのでは……!?」と思ったことがあります。

——ファンタジーを鵜呑みにしちゃった男性というのを実際に見たわけですね。

柴崎:そうですね。たしか、セックスの仕方もAVっぽかった……。なんか前戯でわかりません? こいつはAVを教科書にしてきたヤツだなって。

太田:「違う、その指は横に動かさないんだよ!」って言いたい(笑)。

小森:そういう人には、こっちも気を使ってAVみたいにリアクションとらなきゃいけないし。

柴崎:負のループですよね。

——虚無ですよね……。虚無しかない。

小森:テンプレ通りにいかないと空気が凍るし、罪悪感の多いセックスになっちゃいそう。

——AVをファンタジーとして捉えられる人と、そうでない人の差ってなんだと思いますか?

柴崎:「かめはめ波」を打てると思って練習しちゃう人とそうでない人?(笑)

太田:そう聞くとかわいいけど!(笑)

柴崎:私自身、処女時代はファンタジーとして見られてなかったかもしれないです。ある程度経験を積んで初めてわかるというか。

小森:私もファンタジーとして捉えられてないときはあったかもしれない。だから、AVで女優さんがすっごい気持ちよさそうだったことに期待して、その期待が毎回外れて。「あっ、こんなもんか……」っていうガッカリの連続でしたね、私の人生は(笑)。

第2回は5月27日(月)公開予定です。
(Duniakita編集部)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

タブー視されがちでも…。働き女子とオトナの動画について語ってみた【女の性欲】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング