断捨離したら置きたい…!部屋にもオフィスにもなじむ文具

断捨離したら置きたい…!部屋にもオフィスにもなじむ文具

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは? しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方一つで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。第43回目のテーマは、部屋においてもおしゃれな「インテリアになじむ文房具」です。

【関連記事】「令和」になっても使いたい“平成の名ボールペン”6選

シンプルデザインのボックスで整理整頓

シーン11_HITOTOKIスタンダード

シーン13_HITOTOKIスタンダード

シーン3_HITOTOKIスタンダード

シーン7_HITOTOKIスタンダード

はじめにご紹介するのは、「日々をたのしむ文房具」をコンセプトしたHITOTOKI(ヒトトキ)の「MAGNET BOX(マグネットボックス)」と「BOX FILE(ボックスファイル)」。シンプルなデザインと主張しすぎないカラーなので、どんな場所にも合うアイテムです。

ピッタリと閉まる「MAGNET BOX」は、SとMの2サイズを展開。デスクの上に散らかりがちな文房具を整理したり、手帳のデコレーショングッズを収納したり、薬を入れたりと、テーブルの上にいつもある「細々としたもの」を入れるのにぴったりです。Mサイズには、仕切りタイプとトレイタイプがあるので、用途に応じて選んでみて。

また、B6、A5、A4のサイズが選べる「BOX FILE」は、公共料金の請求書やハガキ、書類やファイルを整理整頓するのにオススメ。どのサイズも前面の高さが同じなので、見た目もきれいです。中身によってカラーを変えると、よりわかりやすく収納できそうですね。

商品名:「MAGNET BOX」(キングジム)
カラー:ネイビー、イエロー、ミズイロの3カラー
価格:Sノーマルタイプ730円、M(仕切りタイプ/トレイタイプ)各900円(税抜き)


商品名:「BOX FILE」
カラー:グレー、アイボリー、ネイビーの3カラー
価格:B6タテ520円、A5タテ560円、A4タテ600円(同)

シームレスなデザインが美しいスティックのり

SED30505

SED30504

SED30638

こちらは、機能的かつデザインが美しい「GLOO(グルー)」のスティックのりです。最大の特長は、紙のカドまでしっかりと塗ることができる四角い形。デスクの上から転がり落ちにくく、のりを送り出すツマミ部分が握りやすいという利点もあります。

のり部分は四角い形ですが、キャップは円形です。実は、四角いキャップでは気密性が保ちにくいことから、独自の円形キャップが開発されたそう。デスクの上に立てたキャップに本体を押し付けることで、片手で簡単に収納することができます。

また、シームレスな美しいデザインは、世界的なデザイン賞の数々を受賞している佐藤オオキさんが率いるデザインオフィス「nendo」によるもの。

スティックのりのほかに、テープのりや瞬間接着剤、テープカッターも展開しています。とにかくかわいいので、オフィスでも自宅でもシリーズで使いたいアイテムです。

商品名:「GLOO」スティックのり(コクヨ)
タイプ:「しっかり貼る」、「色が消える」の2タイプ
価格:Sサイズ130円、Mサイズ250円、Lサイズ380円(税抜き)

シンプルな仕切り板は収納シーンで大活躍

sk_10colors

sk1500_t緑

sk_image_a

こちらの「シキルイタ」は、その名の通り、書類やファイルの収納シーンに欠かせないL型形状の仕切り板。軽量なアルミ製ながら、スチール製の約3倍の強度を持つ実力派です。シンプルで使いやすいので、デスクまわりだけでなく、自宅のキッチンまわりや引き出しの中の仕切りとして使うのもおすすめ。

また、3サイズ、10カラーを展開しており、バリエーションも豊富です。シルバーやブラックといったスタンダードカラーもいいですが、ピンクやブルー、グリーンなど、自宅のインテリアに合わせて選んでみてもオシャレです。

商品名:「シキルイタ」(カール事務器)
カラー:シルバー、ブラック、レッド、グレー、ブルー、グリーン、オレンジ、ライトブルー、ピンク、ライトグリーンの10カラー
価格:SK-1300 1,500円、SK-1500 1,800円、SK-1700 2,000円(税抜き)

画鋲を使わないで簡単に飾れる「紙の額縁」

gakubuchi

gakubuchi3

gakubuchi4

お次は、画鋲を使わずに飾れる「紙の額縁」です。一般的な木製の額縁だと、中に入れる紙がズレてしまったり、飾るときに壁に穴を開けなきゃいけなかったりと一苦労……。その点、こちらは、飾りたいものを差し込んで、テープの剥離紙をはがして、壁に貼るだけの簡単ステップでオリジナルのインテリアに仕上がります。

紙本来の触感を持つディープマットを使用した額縁は、模様の部分を空押しした凹凸のあるデザイン。また、大きさは、「名刺・ミニカードサイズ」と「ポストカードサイズ」の2種類を展開しています。タテにもヨコにも使うことができるので、お気に入りのミニカードやポストカードを自由に飾ってみてください。

商品名:「紙の額縁」(Kino.Q)
タイプ:名刺・ミニカードサイズ、ポストカードサイズ
価格:各600円(税抜き)

2つのテープをコンパクトに合体してスッキリ

DA-1200_3_350

DA-1200_Tapetape_Image1_300

DA-1200_Tapetape_Image3_300

最後にご紹介するのは、+d(プラスディー)のテープカッター「Tape+Tape(テープ+テープ)」です。2つのテープを1つの刃でカットすることができるので、セロテープとマスキングテープなど、使用頻度の高い2種類のテープをセットすることができます。

本体のくぼみが手にほどよくフィットして、軽い力でテープをカットできるのも特長のひとつ。スタイリッシュかつユニークなデザインのこちらは、5カラーを展開しています。複数を組み合わせて、オリジナルのバイカラーを楽しむことも可能です。

商品名:「Tape+Tape」(+d)
カラー:ブラック、グリーン、ピンク、ホワイト、イエローの5カラー
価格:各500円(税抜き)

まきの一言メモ

文房具というと実用性を優先した事務用品というイメージですが、今回は部屋やオフィスのテーブルやデスクに置いてもオシャレなアイテムを選んでみました。のりの一本、ファイルの一冊にこだわりたい人にもオススメです。GW中に断捨離したという人も、元号が変わったこの機会に新たな気持ちで文房具を選んでみてはいかがでしょうか?

SHARE

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

断捨離したら置きたい…!部屋にもオフィスにもなじむ文具

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング