そろそろ辛いかも…働き女子に聞いた「実家での過ごし方」

そろそろ辛いかも…働き女子に聞いた「実家での過ごし方」

10連休となる今年のゴールデンウィーク。旅行の計画を立てている人もいれば、自宅でのんびりする人、出勤する人などそれぞれでしょうが、実家に帰省する人も少なくないのでは?

そこでDuniakita編集部では、20代後半から30代の働く女性に、「実家での過ごし方」を聞いてみました!

【人気記事】帰省するたびに買っちゃう…!地元のスーパーで買えるお土産

毎回ケンカして“寺内貫太郎一家”状態に

実家に帰省したときは、いつも3日間くらい滞在しますが、3日目には母親とのケンカが勃発することが多いですね……。1日目はいいのですが、2日目からだんだん雲行きが怪しくなり、3日目には私か母親のどちらかの不満が爆発してケンカになります。だから、3日目は外出して、顔を合わせないようにしています。

実家には、両親と母方の祖母が同居しているので、祖母が私の味方、父親が母親の味方という構造で、ヒドいときには“ちゃぶ台返しがない寺内貫太郎一家”状態。ケンカの原因はささいなことなのですが、ずっと顔を合わせているとお互いにストレスが溜まるんですよね。私は普段、東京で一人暮らしをしているので、その調子のまま実家で過ごすと必ずぶつかってしまいます。

ただ、最近気が付いたのですが、ケンカがプロレス化しているのかもしれません。一回ケンカをしないと、お互いに気持ち悪い感じなんです。昔は本気でケンカしていましたが、最近は母親に対して、「まだまだ気持ちは若いときのままだな」「たまには刺激を与えなきゃ」と半分楽しみながらケンカをしています。

そして、昔は「お願いだから、お父さんのために二人共仲良くして!」となだめていた父親も、最近は「またやってる」という顔で見守ってくれています。まあ、なるべくケンカはしないほうがいいとは思うのですが……。(35歳/マスコミ系)

母親にとことん甘えてダラダラ過ごす

今年のGWは、10連休まるまる関西の実家に帰省します。毎日忙しく働いているので、実家に帰ったときは、DVDを見ながらとことんダラダラ(笑)。食事作りや洗濯、掃除など自分の世話をしなくていいので、何もしないことの至福感を満喫しています。

母親からは「早くご飯食べなさい」とか言われますが、「ほーい」と適当に返事をして、勝手にご飯を食べたりしています。母親も母親で、普段は一人暮らしなので、「~しなさい」って言える相手がいてうれしいのかな、と自分に都合よく解釈しています。よく聞く「三日もいるとケンカ」という実家あるあるは、うちにはないですね。(31歳/制作系)

少しは家事を手伝わないと親からチクリ…

実家に帰省すると、3日目くらいからお小言を言われるケースが多いので、昼間は友人に会ったりして外出するようにしています。お小言を言われる原因は、部屋の片付けだったり、家事を手伝わないことだったり……。だから、食器洗いは、最低限手伝うようにしています。久しぶりに帰ったからといって、お客様扱いはされませんね。(26歳/IT系)

家の片付けをして“終活”のお手伝い

私の実家は北関東なので、普通電車に乗って片道1,000円ちょっとで帰れる距離。いつでも帰省できるので、実家には最大2泊しかしません。実家はとにかくモノが多いので、最近は家の片付けをしています。親の“終活”の手伝いというか、今から少しでもモノを減らしておきたいと思って。

地元に帰ったときは、友人に会うこともないですね。地元で仲良くしていた友人はだいたい東京にいるので、東京で会って遊んでいます。地元はネットワークが強固なので、世間話のつもりでうっかり話したことがすぐに伝わることも……。下手なことが話せないという億劫さもあり、外出はほとんどしません。(30歳/人事)

“実家嫌い”から変化…最近は関係良好に

3歳の子供がいるので、実家に帰るときは、必ず子どもも連れていきます。実家では、家事も全部甘えて、何もしません(笑)。両親も、孫と会えるのがうれしいみたいで、私がビールを飲んでダラダラしていても何も言われませんね。

今ではこんな状況ですが、以前は母親との仲があまりよくありませんでした。子どもの頃からとにかく気が合わなくて……。年に1~2回しか会うことがなく、実家に帰省しても、顔を合わせないようほとんど外出していました。

それが、子どもが生まれてからは、なぜか小言をまったく言われなり、私も反抗することがなくなりました。お互いに、興味の方向性が変わったんでしょうね。実家が過ごしやすくなり、最近では、帰省するのが楽しみになっている自分に驚いています(35歳/フリーランス)

遠慮がない関係だからこそ、衝突することもある

調査の結果、実家でとことんダラダラを満喫している人がいる一方、「三日もいるとケンカ」と言うように、親とケンカをしてしまう人もいるようです。なかには、“終活”のお手伝い、子供連れというエピソードもありました。

親との関係性は人それぞれなので、「実家での過ごし方」も人それぞれ。お互いに遠慮がない関係だからこそ、ぶつかってしまうこともあります。ゴールデンウィークに帰省する人は、そんなことも含めて、実家での時間を楽しんでくださいね。

SHARE

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

そろそろ辛いかも…働き女子に聞いた「実家での過ごし方」

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング