疲労回復にはコレが一番 オトナ女子の「たんぱく質生活」覗いてみました

疲労回復にはコレが一番 オトナ女子の「たんぱく質生活」覗いてみました

糖質オフダイエットとセットで最近話題の「たんぱく質」中心の食生活。疲労の回復や体力の維持のために、できるだけ「たんぱく質」を摂ることを心がけている女性も多いようです。そこで、「Duniakita」ではオトナ女子のみなさんに、無理なく簡単に「たんぱく質」を摂る工夫を聞いてみました。

たんぱく質女子は私です!

31歳 IT企業勤務 独身

ナチュラルローソンで買えるプロテインウォーターのMURB(左上)、プロフィットSASAMI(下)、そして多くのコンビニで買えるザバスのミルクプロテイン(右上)。

ナチュラルローソンで買えるプロテインウォーターのMURB(左上)、プロフィットSASAMI(下)、そして多くのコンビニで買えるザバスのミルクプロテイン(右上)。

たんぱく質女子は間違いなく私です! 自分の体重と同じグラム数のたんぱく質(例:体重50kgの人なら50g) は、毎日必ず摂取。運動した日は20g程度「追いたんぱく」しています。

摂取方法は、お肉だと鶏肉がメインで、卵や牛乳もよく食べますね。最近、「無性にパンが食べたくなったら、たんぱく質が不足しているサイン」と聞いたので、パンが食べたくなったときにはコンビニにプロテインを買いに走ります。

よく行くのは、ナチュラルローソン。プロテインウォーターの「MURB(マーブ)」やササミバーなど、ラインナップが充実しているので。明治の「ザバス ミルクプロテイン」はどこのコンビニにもだいたい置いてあるので、手軽に摂取できるなと思いますね。

たんぱく質の摂取をサボると、私の場合は身体の疲れがとれないし、運動後の筋肉痛もひどくなるんですよね。足りてないなと思ったときには、プロテイン配合ドリンクを2本一気飲みすることもあります。ちょっと本気すぎ?(笑)

結婚式までに筋トレとたんぱく質でダイエット

27歳 メーカー勤務 既婚

結婚式1週間前に挑戦した特大ステーキ!お肉を食べるとご飯が欲しくなりましたが我慢しました。

結婚式1週間前に挑戦した特大ステーキ!お肉を食べるとご飯が欲しくなりましたが我慢しました。

結婚式に向けてダイエットをしていたときに、代謝をアップさせるために、たんぱく質を多めに摂るように意識していました。筋トレとたんぱく質摂取で身体を鍛え上げていました(笑)

「朝にたんぱく質を摂ることで、一日の代謝がアップする」とトレーナーさんから聞いたので、朝食はタマゴサンド、目玉焼き、納豆ご飯、ツナおにぎりなどを食べていました。「お肉はいっぱい食べてOK!」と言われて、結婚式1週間前にレストランで300gの特大ステーキを注文!……さすがにこの大きさは完食できませんでした(笑)

努力の結果、4ヵ月でマイナス7kgのダイエットに成功! 無事にドレスも着こなせて、結婚式当日を迎えることができてよかったです。

夕食を作る気力のないときはプロテインで解決

35歳 メーカー勤務 独身

夕食を作る気力のないときにはプロテインを食事の代わりにすることも。

夕食を作る気力のないときにはプロテインを食事の代わりにすることも。

今は結構不健康な暮らしをしているので、あまり工夫しているとは言えないのですが……。

夕食を作る気力のないときにDNSのプロテインとビタミン剤で一食とばしてしまうことがあります。プロテインの種類は「味」と「たんぱく質含有量」で決めました。人工的なフルーツ味よりはココア味はマシな気がします。プロテインで一食ならシェイカーを洗うだけでよいので、片付けも楽ですしね。

あと、コンビニの冷凍焼き鳥も食べます。保存がきいて、レンジだけで調理ができて、直接食べれば洗い物が出ないので便利。何個か買いだめしておいて、「たんぱく質足りないなー」というときに足します。

他には同じくコンビニのほぐしサラダチキンも食べます。塊のサラダチキンの味はちょっとスパイシーすぎて好みではないため、あっさり味のほぐしサラダチキンにしています。
そのままモグモグしても美味しいです。麺類に足すと味もしっかりしますし、たんぱく質も補えるので便利です。冷凍品に比べると賞味期限は短いですが、生の鶏肉よりは長いので忙しいときはコレで決まりですね。

疲れたら肉を焼いて回復

36歳 フリーランス 既婚

解凍して焼くだけで一食になるヒレステーキ。赤ワインにも合います。

解凍して焼くだけで一食になるヒレステーキ。赤ワインにも合います。

疲れた時はカラダが「たんぱく質=肉、欲しい!」ってなりますね。でも、そういうときはたいがい内臓系も疲れているので、脂っこいものは無理だし、量も食べられない。そこで脂が少ないけど肉感のある、ヒレステーキや鶏胸肉のローストを積極的に食べます。

外食なら定食で頼まずに、メインディシュを単品で注文して、肉だけ食べる。自宅なら、日頃からヒレステーキ肉をまとめ買いしておいて一枚ずつ冷凍しておきます。岩塩をふってバターで焼くだけで一食。そんなふうに肉中心の食事をしていると、だんだん心身ともに回復して元気が出てきます。

困ったときは納豆

35歳 ライター 独身

週に2回は食べるお気に入りの納豆。

週に2回は食べるお気に入りの納豆。

普段から外食が多いので、家でご飯を食べるときは必ず納豆を食べるようにしています。我が家ではそれを「やさしいごはん」と呼んでいます。お気に入りは「梅風味黒酢たれ」で刻み葱を入れて食べます。だいたいお味噌汁も豆腐にすることが多いですね。週に2回は食べるようにしています。

ほかにたんぱく質といえば、鶏胸肉のソテーを作ることもありますが、時間と気合がないとできないので納豆が頼みの綱ですね。ジムに行った日はプロテインを牛乳で割って飲むようにしていますが、シェイクするのが大変なので最近は飲んでいません。

肉が無理ならプロテインも!

やはり基本は「たんぱく質=肉」でしたが、納豆という身近なアイテムも活用されていました。準備する余裕がないときはプロテインやコンビニのアイテムを使うなど、忙しさの中で生み出されたオトナ女子の創意工夫が見えてきました。

あなたも体調維持のために「たんぱく質生活」、始めてみませんか?

(Duniakita編集部)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

疲労回復にはコレが一番 オトナ女子の「たんぱく質生活」覗いてみました

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング