女子と性欲座談会 第2回

「ハプバー行くのも遊園地も同じ」女性向け性的サービスを利用して思うこと

「ハプバー行くのも遊園地も同じ」女性向け性的サービスを利用して思うこと

女性にも性欲があるのに、セックスは恋人や夫とするもの、結婚を前提としたいわゆる“マジメなお付き合い”の延長にあるものだと思い込みがちです。でも、サクッとセックスしたいときってありますよね。

特定の相手がいなくても、女性用の出張ホスト*や性的マッサージのようなサービスもあるので、ラブとセックスを切り離して考えることもできるはずです。

*女性を顧客としたサービス。デリバリーホスト、レンタル彼氏、恋人(彼氏)代行と呼ばれることもある。サービス内容は、デートに付き合ったり、性的なサービスまで(参考資料:『男娼』(光文社))

でも、チャレンジするのはちょっと気が引ける……そんな方のために、Duniakitaでは経験者を交えて座談会を開きました。

どうして性的なサービスを利用しようと思ったのか、どうやってそのサービスを探したのか、利用してみた感想、パートナーとのセックスとは何が違うのか、出張ホストの経験を友達に話せるか、などいろいろ聞きました。

第1回:性的サービスを利用したきっかけは?

<座談会参加者>
小山さん(仮名):メーカー勤務/29歳/未婚/レズビアン風俗・出張ホスト
安藤さん(仮名):メーカー勤務/34歳/未婚/出張マッサージ
佐々木さん(仮名):出版社勤務/36歳/既婚/女性向け性的サービスに興味あり

で、実際のところどうだったの?

——前回、利用するまでの経緯や心境を聞きましたが、やっぱり、利用してみてどうだったかが気になります。

佐々木:私も気になります。性的サービスを利用してみたいと思ってはいるんですけど、どうせならカッコイイ人がいい……となると、「カッコイイ人に自分の身体を見られたくない!」と二の足を踏んじゃうんですよね。年下ならなおさら「水もはじかない肌にたるんだボディラインとか、キツいと思われてるんだろうな~」と自虐的になってしまいそうで。

小山:わかります、恥ずかしいですよね。

安藤:実際に年下で26歳の出張マッサージ師を指名してみた感想としては……。「こんなおばさんでごめんね」ってどこか頭の中にはありましたね……。待ち合わせのメールから「合流したら手を繋いでもいいですか?」とか「キスしてもいいですか?」とか「抱きしめてもいいですか?」とかいちいち許可制にしてくれて、お客さんのことを大事にしてる丁寧な職人みたいな感じだったのですが、すごく頑張ってくれてるぶん、冷静になってしまう自分がいて。結局、性欲スイッチを入れることができず、気を遣ってイッたふりしちゃいました。

小山:私もレズ風俗に最初に行ったときは、申し訳ないような気持ちになっちゃってイケなかったので、その気持ちわかります。2回目はイケたんですけど。

佐々木:初回と2回目、何が違ったんですか? 慣れ?

小山:1回目の人はこの仕事を始めて数か月くらいの新人さんだったんですけど、2回目はこの道十年目くらいのベテランさんだったんですよ。キスとか恥ずかしかったんですけど、相手が「ベロ出して」とかリードしてくれて。初心者には、エスコートのうまいベテランがいいのかもしれないですね。

佐々木:なるほど、「若くてカッコイイ人」を選ぶのではなく、ベテランにお手合わせ願ったほうがよさそうですね。

小山:新人さんのときは、性的快楽より癒しはありましたけど、気持ちよくなりたいならベテラン一択です! それに、ベテランさんならこの道何年ってやってきるのから、いろんな体型のお客さんと接してきているわけで。体型にコンプレックスがあろうとなかろうと、全然気にしなくていいんです。だからやっぱりベテラン!

——力強い(笑)。ちなみに、安藤さんはお金を払ってイッたふりをしたという結果に終わったわけですけど、出張マッサージを利用したことを後悔してます?

安藤:いや、私はこういう丁寧な対応じゃなくて、もっとオラオラしたのが好きなんだということがわかったし、収穫はありました(笑)。あと、後日談ですが、セフレとヨリが戻ったんですよ。セフレの人はサービスとか抜きに、安心感があるし、ホテル代とかも折半なので、お互い「セックスしたいからしましょう」という対等な関係が私には心地いいんだと気づいたのも収穫です。

お酒がないと、獣になれない私たち

——性欲スイッチが入らないこともあるんですね。

佐々木:前回お話した既婚者・子持ちで出張ホストを利用した友達は、育児で超多忙な中のつかの間の休息だから、絶対時間を無駄にしたくないという気持ちがあって、それでフルスロットルで性欲スイッチ入れて楽しめたそうですよ。

小山:たしかに、育児に行き詰っていて旦那さんとも恋愛はできない、しかも限られた時間しかないとなったら、無理やりにでもスイッチ入れるかもしれない。会う前にめっちゃお酒飲むと思いますけど。

安藤:理性を鈍らせないと、スイッチ入れにくいですよね。

小山:さっき、2回目はイケたって話をしましたけど、実はかなり飲んでたんですよ。デートしてからホテルというコースだったんですが、デート中、「大丈夫ですか?」って心配されるくらい飲んで。

安藤:予約する段階から酔っていたほうがいいかもしれないですよね。予約時、「その他」の欄にいろいろリクエストを入力できたんですけど、私、遠慮しちゃったんです。酔っ払っていれば、いろいろわがままを書けたかもしれない。

佐々木:酒がないと獣になれない私たち……(笑)。

小山:飲みながら、という点でいうと、ハプニングバーおすすめですよ。欲望を出すのが当たり前の空間なので、自分の欲望に素直になれるというか。

安藤:私も10年以上前に行ったことがあるんですけど、ハプバーって自然と性欲スイッチが入るようなしかけになってますよね。舞台装置的に。

小山:私、初めてワンナイトラブしたのがハプバーでした。女友達3人と行って、絶対やらないで終電で帰ろうって言ってたのに、気づけば友達2人が誰かとセックスしてるんです。結構理性が強い子たちなんですけど、気づけばそんな状態で。で、まわりがみんなセックスしているし、お酒も入っていたから、「小山さんもやろうよ」と言われて自然に私も参加していたという……。

佐々木:へー。みんながやってるから私もやろう、みたいな。ちょっと日本的かも。

安藤小山:そうそう! 本当にそれ!

ハプバー行くのも遊園地も同じ

——ちなみにハプバーは入りやすいんですか? ひとりで行ける?

小山:女ひとりでは行かないと思いますね。ベテランの友達やパートナーに引っ張られてついていくというのが多いんじゃないでしょうか。

佐々木:興味はあるけど、なかなか踏み出せない人の背中を押すとしたら、なんて言います?

小山:「行きたいと思ってる」と、周りの人に開示するのが第一歩なのかなと思います。共感されたら、それが一押しになります。私がハプバーの話をすると「小山さんと一緒だったら行きたい」という人がすごく多いんですよ。

佐々木:なるほど、人に言ってみる。腹を割ってみる。

小山:で、一緒に行く。

安藤:前提として、「過剰にすごい場所」じゃないんですよ。急に宇宙見えるくらいの性体験をするかというとそれもないし、何か突然ビッチみたいになっちゃうかというとそれもないし、それをやったからと言って自分がいきなりアウトサイダー側の人間になるかというとそうじゃなくて全然日常生活は何も変わらない。ハードルはそんなに高くないはずなんです。

小山:ただちょっと楽しいことが増えた。楽しい世界を知れた。海外旅行に行って来たみたいな感覚。ディズニーランド行ったのと同じです、ハプバー行くのも、出張マッサージも、レズ風俗も。

佐々木:そうか、ちょっとインド行ってきたみたいな感じか。

安藤:カレー食べにインド行く感覚で(笑)。急に自分が変わるとか何かに変えられたみたいなことは全然ないから、興味あるなら指一本ワンクリックしてみたらいいんじゃないかなぁ。

(Duniakita編集部)

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「ハプバー行くのも遊園地も同じ」女性向け性的サービスを利用して思うこと

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
www.uniti.ua

www.best-cooler.reviews

www.steroid-pharm.com