「〇〇って言わない女子」tweet.19

私、そんなにモテないんだけどな…“心配症”の彼への接し方は?【桐谷ヨウ】

SHARE
私、そんなにモテないんだけどな…“心配症”の彼への接し方は?【桐谷ヨウ】

「〇〇って言わない女子」
の連載一覧を見る >>

恋愛経験をある程度積み重ねてきて、酸いも甘いも知っているオトナだからこそ、パートナーにあえて「言わない」ことをあえて拾って、恋愛コラムニストの桐谷ヨウさんにアドバイスをいただく連載「◯◯って言わない女子」。

ヨウさーん! 今回はこんなつぶやきを発見しましたよーー!!

【今回のつぶやき】

「わたし、心配するほどモテないよ!」

最近おつきあいを始めた彼がいるのですが、少しでも連絡がつかなくなると不安になるようで「大丈夫?」とラインを送ってきます。なので、仕事が遅くなる日や友達と飲みに行く日は「●●ちゃんと渋谷で飲むよ」と報告します。過去には、私が連絡をしなさすぎて振られてしまったこともあったので、今回は同じ轍は踏むまいと思い、きちんと連絡するようにしています。

私はそこまでモテるほうではないと思うのですが、彼は「●●ちゃんはモテるから心配」と言っています。表題のセリフを言おうと思ったのですが、前に軽く「わたし可愛くないよ〜」みたいなことを言ったら「自分を貶めるようなことを言わないで」と怒られたので、控えています。彼は心配性すぎると思うのですが、普通なのでしょうか? バカップルぽい悩みなので友達にも相談できません。

「どっちかがガマンする」のはつまらない恋愛

バカップルっぽい悩み=幸せの証拠。ヨウさんです。

えーっと、正直何に悩んでいるのよく分からないですが、このご質問を読むかぎりではお相手を安心させるのが下手なんでしょうね(笑)。

今の彼氏を心配性と言っていますが、前の彼氏にも連絡しなさすぎてフラれてるんですよね? 心配性じゃない元彼ですら気になってしまったと。

今彼にモテると思われているのは喜ばしいことじゃないですか。少なくとも彼はそれくらいあなたのことを魅力的だと感じているわけで。

潜在的にご相談者様が感じているように、問題の本質はそこではありません。

「モテるから心配だ」という彼に対して、「その真偽はともかくうっぜーな」と思っているあなたがいるように見受けられます。

元彼と同じ轍は踏むまいと考え、あなたなりに連絡をしようと努力しても、向こうには十分じゃないないらしい。「私にできる努力をしているのに。ウゼーな」と。

多分このギャップが苛立ちの根本なんですよ。

「モテる・モテない」
「可愛い・可愛くない」

という言葉のやり取りは、

「他で遊んでいるわけじゃない・他に誰かいると不安にさせないでくれ」
「心配しなくていい・心配させないで」

という平行線の心理的なやり取りを投影しています。

そして、なんとなくですが、ご相談者様はここまでは気づいていると思うんですよねー。

なので、ちょっと考え方を変えてみてほしいなって思います。

相手を「心配性だからムダに制約をかけようとしてくるヤボな男」ではなく、自分を「恋愛相手を不安にさせないようにしていないか」として見つめようとしてみてほしいんです。

あるがままの自分を受け入れてくれる相手は本当に素晴らしいですが、一から十までそれが叶う相手というのはなかなかいません。というか、相手のキャパシティに依存しているだけの関係という可能性が非常に高いでしょう。

おそらく彼には問題があります。自分の不安をあなたの行動に投影しているだけでしょう。だけど、あなたにもその心に鈍感(あるいは優先順位を置いていない)という問題があります。

要はその綱引きになるわけですが、「どっちかがガマンする」というのはツマラナイ恋愛なわけです。

俺がオススメするのはその相手に出会ったからには、その相手から学べることを学ぶというスタンスです。

今の彼があなたに対して不安になる。おまけに元彼にもそう思われるフシがあった。

だとしたら、今の彼を踏み台にして「恋人を不安にさせない振る舞い方」を身につけていってほしいんですよ。踏み台って言い方が悪いですけど(笑)

で、まぁ仮にですよ。彼と別れてしまったとして、同じようにあなたの振る舞いを気にする相手であろうが、気にしない相手であろうが、それはもう破局の原因にはならないわけじゃないですか。

そういうふうにしていってほしいんですよね。そして、その先に恋愛の終着点というのは(思いもよらない形で)ふいに訪れるような気がします。

「自分が何をすべきか」に向き合って

まとめます。

そもそもの話として、今の彼といることでご相談者様は幸せそうです。ただ、ちょっぴり窮屈さを感じている。

それは相手の「受け取り方」であると同時に、あなたの「与え方」の問題でもあります。

ここでそれに向き合わずに逃げてしまうと、別の形で同じような問題が必ず生じます。それが人生です。恋愛です。

自分の好意を十全に相手に伝えるために、

何をするべきか?

あるいは

何をしないようにするべきか?

それをもう一度考えてみてほしいのです。応援しています。

この連載をもっと見る

〇〇って言わない女子

パートナーや気になる人に、言いたくても言えない、聞けない一言ってないですか?恋愛コラムニストの桐谷さんに、「言わない女子」のお悩みを聞いてもらいます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

20代はこの方法で痩せられたのに… 30代ダイエットで失敗しない3つのポイント

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング