映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』吉田羊さんインタビュー・後編

「自分だけは自分の味方でいたい」吉田羊さんが大事にしている“自分ルール”

SHARE
「自分だけは自分の味方でいたい」吉田羊さんが大事にしている“自分ルール”

母親は自分の子に愛情を注いで当たり前——。そう信じている人は多いですが、世の中の”虐待”や“毒親”に関するニュースや話題を目にすると子に手を上げてしまったり、子を愛せなかったりする母親がいることも事実のようです。

マンガ家で小説家の歌川たいじさんの実体験をもとにした映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(御法川修監督、11月16日公開)で、主人公・タイジ(太賀さん)を虐待してしまう母親・光子を演じた吉田羊さん。

「ろくでもない女」と観客から嫌われてしまいそうな難しい役どころですが、「『こうあるべき』という母親像を未成熟なまま強いられた人」だと受けとめて演じたと言います。

演じた役のイメージで見られることも多い女優という仕事。女性が押しつけられがちな役割やイメージについて、また、役者の道にまい進する吉田さんを支えた母親との関係について、前後編にわたってお話を聞きます。

【前編】吉田羊、“毒親”演じるのにためらいなかった

181030wotopi-0059 1_1115

「吉田羊のイメージはどうでもいい」

——俳優でも、男性の場合は多少破天荒でもよしとされるのに、女性の場合は世間に叩かれる風潮がありますよね。

吉田:ありますね。光子のような役が嫌われたり、非難されるということが最たる証拠だと思います。それに、光子のようなお母さんに対しても、「この人にも何か理由があるのかしら?」と考えるよりも先に、「母親失格」というレッテルを貼ってしまう。まさにその風潮の表れですよね。

——映画『ハナレイ・ベイ』でも「息子のことが好きではない母親」を演じてらっしゃいました。一見すると「けしからん」といわれそうな女性を演じることに恐れは?

吉田:それは一切ないですね。私は俳優として、「何者にも見えないこと」と「何者にも見えること」、この2つが大事だと思っているので、吉田羊のイメージって、正直どうでもいいんです。とにかく、演じたキャラクターにいかに見えるかということを大事にしています。

181002_03wotopi-0016

「早く結婚しなさい」は言われたことない

——『母さんがどんなに僕を嫌いでも』もそうだったのように、母と子の関係というのはさまざまです。吉田さんご自身のことをうかがいますが、下積み時代にお母様から、「早く結婚しなさい」や「安定した職に就きなさい」などと言われたことはなかったのですか?

吉田:母は一切言わなかったです。母だけでなく、父も兄弟もです。うちの家族は私の性格を知り尽くしているので、反対したところで、この子はやると思っていたんだと思います。母から実際、「いつかこういうことをやる(女優の道を目指す)と思っていた」と言われました。

それは小さい頃の私が家族の前で(松田)聖子ちゃんの歌を歌って、みんなが楽しんでくれるのを喜んでいたり、おままごとが好きだったりする様子を、家族がきちんと見ていたからこそだと思います。「母は私を見てくれていたんだな」と、その言葉で確認した記憶がありますね。

——全面的に応援してくれるご家族だったんですね。

吉田:帰ってこいと言われたこともないです。

やっぱり、すごく特殊な世界で仕事をしているので、人に言えないこと、家族にさえ言えないこともたくさんあります。

母が、「元気?」ってなんでもない電話をかけてきて、「元気だよ」と返す私の声のトーンの奥にある何かを察知し、「疲れたらいつでも帰っておいで」と電話を切ることも時々ありました。母の第六感というのは存在するんだなと思います。

——帰る場所があるというのは、やりたい仕事にまい進する上で大きな支えになりますね。

吉田:いい意味で逃げ場所を用意してくれたからこそ、反対に「逃げちゃいけない」と思えた。「逃げ帰ったらこの人たちを心配させてしまう」と思うと、ふんばらなければなと思いましたし、母はきっと、私がそういう性格だとわかっていたんだと思いますね。

中学生の時、友だちと上手くいかなくて、泣きながら「明日から学校行きたくない」と言ったことが何度もあるんです。そうすると母は必ず、「行かんでよか」と言うんですよ。「よかよか、学校に行かんでも、たいしたことなかけん」って。でもそれは、私がそう言われることで「いや、だめでしょ…」って学校に行くことをわかっていたんですよね。

「自分だけは自分の味方でいたい」

——Duniakitaは働く女性をターゲットとしたニュースサイトなのですが、吉田さんは仕事でいやなことやつらいことがあったときは、どんなふうに乗り越えたり、向き合ったりしますか?

吉田:私は、よくも悪くも自分に甘いので、何かネガティブなことがあったとしても、「ああするしかなかった」「あのときの自分の精一杯だったんだ」と、自分で自分に言ってあげるようにしています。厳しさは十分まわりから強いられるので、自分だけは自分の味方でいたいですね。

181030wotopi-0001_1115

(聞き手:新田理恵、写真:宇高尚弘/HEADS)

■これまでの記事を読む

原作者・歌川たいじさん「人生の収支は黒字にできる」
歌川たいじさん、それでも僕が人とのつながりを諦めなかった理由
吉田羊、「理想の母親像」強いられた苦悩を体現

■映画情報

タイトル:
コピーライト:(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会
11月16日(金)より 新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座、 イオンシネマほか全国公開

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

毎日、お茶腕1杯分の食品を捨てている… 働き女子にオススメの「真空保存」って?

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング