ポニーテールやお団子で抜け毛が…頭皮と髪のケア法【美髪プロが教える】

SHARE
ポニーテールやお団子で抜け毛が…頭皮と髪のケア法【美髪プロが教える】

洗髪やドライなど毎日のヘアケアは入念にしているつもりなのに、抜け毛や髪の傷みが気になることはありませんか。

美容師で美髪のためのケアを追求する三谷遥さんは、「髪の結び方が原因で、抜け毛や髪質の悪化につながることがあります」と話します。

詳しいお話を聞いてみました。

ポニーテール、お団子、エクステで髪が抜ける

日ごろから髪をまとめたり、結んだりする人は多いと思いますが、頭皮や毛髪にどのように影響するのでしょうか。三谷さんはこう説明をします。

ポニーテールやお団子など髪をぎゅっと結ぶスタイルや、エクステを長時間すると、毛髪が抜けやすくなります。常に同じ部分が引っ張られた状態が続いて毛根に負担がかかるからです。

また、頭皮の血流が悪くなる、生え際の負担が大きいと毛髪に栄養が行きわたらず、髪質が低下して抜け毛や枝毛、切れ毛につながります。新しい毛髪が生えにくくなることもあります」

指摘を受けると思い当たります。結んだり束ねたり、無意識に髪を引っ張ることは頻繁にしていました……。

ヘアゴムは太めを選ぶ

ここで三谷さんに、頭皮や毛根への負担を軽減する髪の結び方について、次のように教えてもらいました。

(1)毎日同じヘアスタイルにしないで、髪の結び目を変える。

なるべく髪を結ばない、あるいは数日に1回にするのがよいのですが、長くて動作の邪魔になる、職場のルールで結ぶ必要があるなどの場合は、頭皮に痛みや刺激を感じない程度にゆるく束ねるようにしましょう。

(2)ヘアゴムは、太めか、シュシュやバレッタを選ぶ。

ヘアゴムが細いと何回も巻くことになって、頭部の1点を集中して引っ張ります。シュシュやバレッタだと、負担を分散して抜け毛や毛根へのダメージを軽減することができます。

(3)頭の高い位置では結ばない。

強く結ぶポニーテールやお団子を避け、前髪を留めるときはヘアピンを使いましょう。さらに、抜け毛が気になる場合は、髪を結ぶ必要がないショートにするとよいでしょう。

ゆるめの三つ編み系アレンジだと、毛髪にも頭皮にもあまり負担をかけずにまとめることができます。

二つ結びなどをする場合は、分け目を毎回変えましょう。髪を引っ張る力が分散して負担を減らすため、頭のてっぺんから後頭部にかけて、生え際を左右に分けてジグザグにしていくスタイルがよいでしょう。

(4)エクステは、適度に取り外す。

長時間、頭皮や毛髪が引っ張られるので、その負担を軽減するためです。また、毛根部分は汚れがたまりやすいので、ていねいに洗いましょう。

(5)就寝中は髪を結ばない。

長時間、頭皮が引っ張られる状態になり、抜け毛が増えます。髪をほどき、ヘアブラシでとかしてから寝ましょう。

(6)数時間おきに3~5分、髪をほどいたままに。

長時間結んでいるときは、ときおり髪をほどき、頭皮や毛根の休憩タイム取りましょう。再び結ぶ際には、結ぶ位置をずらします。

(7)ヘアゴムは引っ張らずにそっとはずす。

結んでいる間に、日常の動作で髪がゴムにからんでいます。ゴムをほどくときにはそのからんだ髪と、周辺の負担がかかっている毛根の髪が抜けやすくなります。無理な力をかけずに、ていねいにはずしましょう。

(8)帽子はこまめに脱いで、頭皮を蒸らさない。

長時間、帽子やヘルメットをかぶると、抜け毛が増えることがあります。頭皮が圧迫され続けて血流が悪化すること、頭皮が蒸れて負担がかかるからです。

(9)ときおり自分の両手でヘッドマッサージをする。

頭皮の緊張をゆるめて血流を促すために、1日に数回、頭皮をほぐしましょう。

ヘアゴムやブラシ、排水溝で抜け毛をチェック

さらに三谷さんは、抜け毛が増えているかどうかをチェックする方法について、こうアドバイスをします。

「髪を毎日結んでいると、抜けていることを実感しにくいでしょう。しかし、ほどくときに毛髪がヘアゴムにからんでいる、ヘアブラシにからまっている、洗うときや乾かすときに抜けて指につく、お風呂場や洗面所の排水溝に溜まっているなど、覚えはありませんか。

抜け落ちた毛が集まりやすい場所でチェックをするように習慣づけ、髪や頭皮に負担が大きいヘアスタイルをしてないかを見直しましょう」

日ごろから、部屋に髪の毛が落ちるのが気になって結んでいましたが、ブラシや排水溝を確認すると、かなりの量の髪がついていて驚きました。これまで自分の髪は抜けていないと思い込み、ヘアスタイルによるダメージなど気にかけていなかったからです。これからは教えていただいたチェックポイントを意識して、抜け毛や頭皮のダメージケアを常に心がけていきます。

(取材・文 藤原 椋/ユンブル)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ポニーテールやお団子で抜け毛が…頭皮と髪のケア法【美髪プロが教える】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング