サントリー 脇奈津子さんインタビュー 番外編

同じメンバーの飲み会は断る。時間を上手につかうために今日からできること3つ

SHARE
同じメンバーの飲み会は断る。時間を上手につかうために今日からできること3つ

仕事もプライベートも、時間は有限。できることなら、限られた時間を有効活用したいですよね。でも、そんな思いとは裏腹にあっという間に1日が終わってしまうのが現実。

そこで、簡単な方法でスケジュールを管理し、仕事もプライベートも人脈作りも着実にこなしているというサントリーの脇奈津子(わき・なつこ)さんに話を聞きました。

脇さんは、今月全国販売を開始した「サントリー 南アルプスPEAKER ビターエナジー」の開発担当者。超多忙ななか、あらゆる予定を抜け漏れなく進めている姿は、社内でも評判になっているそうです。限られた時間をフル活用するために脇さんが実践している3つの「マイルール」とは、どのようなものなのでしょうか?

3-2_DSC1834

ルール1:働く時間を決めて厳守する

デジタル手帳だけだとパッと思いついたときにメモできないので、紙の手帳と併用しています。書き込むときはペンの色で区別。赤色はプライベート、青色は仕事です。

また手帳には、始業時刻と終業時刻に太めの線を引いています。理由は、「この時間しか働かない!」と決めて確実にタスクを消化するため。その時間帯の中で優先順位を決めて、優先度の高いものから確実にこなすようにしています。

しかし、1週間毎日スケジュールを限界まで詰め込むと、急な依頼が舞い込んだ場合に仕事があふれてしまいます。そのため金曜を調整日に当て、あふれた仕事に対応しています。

3-1_DSC1847

ルール2:仕事もプライベートも「段取り」が命

仕事でもプライベートでも、「いつまでに何をするのか」を考えて優先順位を決め、準備を行い、余裕を持って進めています。例えば新商品の味に関する社内調査を行うときは、後々集計しやすいような調査項目を立て、数週間前に内務のメンバーの方に依頼して調査用シートをエクセルでデータ化。集計後のグラフの作成も、データの分け方や色の使い方などの要望を伝えて内務の方や、社外に出すときには社内のデザイナーに作ってもらっています。

大切なのは、自分が不得意な作業に時間を費やさないこと。最も時間を割かなければならない仕事を見極め、全力を注げる環境を作っています。

ルール3:飲み会をするなら社外の人と

子育て中の私にとって、飲み会に行くには、子どもを義理の妹宅に預けたり、家事を済ませておいたりと、事前の入念な準備が必要です。そのため、1回の飲み会も残念な時間にしたくない。情報を仕入れる貴重なチャンスを最大限いかすべく、毎回同じメンバーで開催される社内の飲み会は3回のうち2回は断るなどして、社外の人と会う時間を大切にしています。

最近食事に行ったのは、学生時代の友人や、ママ友、社外勉強会で出会った仲間。取引先や協力会社など仕事関係で出会った人にも、よく声をかけています。

年齢や性別、職種に関係なく、時間は誰にとっても有限です。そして一度訪れたチャンスを逃したら、二度と戻ってこないかもしれません。おもしろい人に出会ったら、すぐに行動。自分から「もう一度、お話ししませんか?」と積極的にアプローチをして会いに行っています。

(取材・編集:Duniakita編集部 安次富陽子、文:華井由利奈、撮影:大澤妹)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

同じメンバーの飲み会は断る。時間を上手につかうために今日からできること3つ

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング