『女の子バンザイ!プロジェクト』を深掘り 第2回

8割以上の女性がホルモンの影響で悩んでいる 「寄り添う服づくり」の裏側

SHARE
8割以上の女性がホルモンの影響で悩んでいる 「寄り添う服づくり」の裏側

ファッション通販の「haco!」と女性のための健康情報サービス「ルナルナ」が業界の垣根を越えてコラボレーションした「女の子バンザイ!プロジェクト」。生理の周期に振り回されて悩む女性に寄り添うプロダクトをリリースして話題になりました。

開発担当者にプロジェクトの裏側について聞くこの企画、第2回となる今回は、アイテムの具体的なポイントについてお届けします。

道満さん(左)と松崎さん(右)

道満さん(左)と松崎さん(右)

【第1回】「女の子バンザイ!プロジェクト」誕生のきっかけ

せめて服ぐらいは味方でいよう

——女の子バンザイ!プロジェクトについて、「服づくり」という点では完全にhaco!さんの領域ですが、ルナルナさんサイドとしてはどんな風にかかわっていったのでしょうか。

松崎麻衣さん(以下、松崎):ルナルナでは、生理前を「まったり・もやもや期」、生理中を「ブルー期」、生理後を「キラキラ期」と名付けています。開発にあたってはそれぞれの時期にココロやカラダにどんな変化が起こるのか、ユーザーアンケートで詳しく洗い出していきました。

道満未緒さん(以下、道満):生理に関するリアルな声をあれだけたくさん集められるのは、さすがルナルナさんだなあと思いました。

松崎:アンケートの結果、ルナルナユーザーの8割以上の女性がホルモンバランスによって気分が高まったり、落ち込んだりしているということがわかったんです。たとえばまったり・もやもや期では、乳房や下腹部の腫れ・痛みという症状に加えて、「イライラする」「憂鬱な気分になる」という声が多く出てきました。

道満:アンケート結果をみんなで見ながら、「せめて服ぐらいは味方でいよう!」とビジョンを固めていきました。「イライラしているから着心地のいい素材がいいよね」「身体もむくみやすいから、できるだけシルエットを拾わないデザインがいいよね」という感じでポンポン意見を出していったんですよね。行き着いたのが、シルエットが綺麗なオーガニックコットンのTシャツワンピースだったり、お腹まわりをゆったり包んでくれるボリュームパンツだったり。

2-2_DSC1117

生理中だって大好きなスキニーパンツをはきこなしたい

——「せめて服くらいは味方に……」っていう気持ち、すごく優しい!

松崎:ですよね。私はスキニーパンツが大好きなんですけど、股上が浅いデザインのものが多いんですよ。そうすると、お腹を冷やしたくないブルー期にはなかなかはけなくて……。それでもスキニーパンツを諦めたくない私が最終的にたどり着いたのは、マタニティ用でした。

道満:万が一まわりに気付かれたら、「えっ、マタニティって、松崎さんどういうこと?」ってなっちゃいますよね(苦笑)。そういう松崎さんのお悩みを受けてつくったのが「おなかあったか安心感スキニーパンツ」です。おなか周りをリブ素材にしてゆとりをもたせているけど、しっかり綺麗なシルエットはキープしているんです。

松崎:すごく履き心地よく綺麗なシルエットに仕上がって。めちゃくちゃ着倒しています。 

——まったり・もやもや期、ブルー期のための服が優しさを意識しているのに対して、キラキラ期の服は女っぽさ全開の方向へ振り切っていますね。

松崎:生理直後のキラキラ期って、すごく特別な時期なんですよ。1カ月の中でたった約1週間、女性が快適に過ごせる貴重な時期。

道満:その話を聞いた時、「たった1週間!?」って改めてすごくびっくりしちゃって。それだったらもう、追い風のように女らしさを演出できる服をつくりたいね、っていうことになったんです。実は私自身、今がキラキラ期で、実際に「華やかになるなら今だ!女っぽタックスカート」をはいてきました。そんなに身体のラインは拾わないながらも、スリットの具合とかシルエットがすごく女っぽいんです。

2-2_DSC1218

女子に「可愛くなくてもいいや」と思う日なんてない

——まったり・もやもや期、ブルー期、キラキラ期。どんな時期にあっても、女性がおしゃれを諦めずに過ごせるための気遣いが、随所に散りばめられているんですね。

道満:すべての女性に対して、「今は生理だからおしゃれができなくても仕方ない」っていう風には絶対に思ってほしくないんですよね。自分の体の状態を認めてあげながら、「大丈夫。いつだって可愛くなれるし、綺麗でいられるんだよ」っていうメッセージを込めて、このプロジェクトをやっています。一見、楽チンさとか機能性を重視しているように見えるかもしれませんが、「やっぱりデザインがかわいくなかったら誰も着たくないよね?」っていうことは、ずっとみんなで問い続けていました。「今日はこの服が着られるから、ちょっとテンションが上がるな」っていう風に、活用してもらえたらうれしいですね。

2-3_DSC1079

■コラボ第2弾!秋冬ラインが9月にリリースされました
プロジェクトサイトはこちら:


(取材・文:波多野友子、撮影:大澤妹、編集:Duniakita編集部 安次富陽子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

8割以上の女性がホルモンの影響で悩んでいる 「寄り添う服づくり」の裏側

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング