TENGA広報 西野芙美さん・工藤まおりさんインタビュー最終回

TENGAに転職を決めたとき母は泣いた。でも決断は自分でするもの

SHARE
TENGAに転職を決めたとき母は泣いた。でも決断は自分でするもの

タブー視されがちな女性の性欲に真正面から取り組み、SNS等で顔出しの発信を続ける性具メーカーTENGAの広報の西野芙美さんと工藤まおりさん。

ふたりとも卒業大学や前職などを公開していますが、それは「『アダルト系で働いている=他で就職できなかったバカ』って思われることが多かった」からだといいます。

まだまだ偏見の多い業界の仕事に就いているからこそ、親や世間の目とどう向き合っているのかをお聞きしました。

西野さん(左)と工藤さん(右)

西野さん(左)と工藤さん(右)

【プロフィール】
西野芙美さん
早稲田大学文化構想学部卒。人材紹介会社、出版社勤務を経てTENGAに転職。現在2年目。

工藤まおりさん
津田塾大学数学科卒。リクルートグループで人材派遣の業務にかかわったのち、TENGAに転職。現在4年目。

TENGAに転職を決めたとき、親は

——前回、工藤さんが「TENGAの広報に転職してアダルトグッズに携わるようになって、伝えること、話し合うことが本当に大事なんだと理解した」とお話ししていましたが、ほかにも転職の前後で変わったことがあればお聞きしたいです。たとえば、親御さんとの関係とか。

西野芙美さん(以下、西野):最初は不安がって泣いていた母親でしたが、企業理念を話したりするうちに「面白そう!」ってポジティブに受け止めてくれるようになりました。父親も、「友達の〇〇さんが(TENGAのこと)知ってたんだよ」とか言ってて。2人とも、受け入れたらすぐポジティブな考えにシフトする性格なので、職場でも「娘がTENGAって会社に転職するらしいんだけど、みんな知ってる?」って、すごくオープンに話していたみたいです(笑)。

工藤まおりさん(以下、工藤):最初は泣いてたのに!

西野:アダルトグッズメーカーという響きから、最初は漠然と「いかがわしい会社」だと思ったみたいです。でも、私がTENGAという会社についてきっちりプレゼンしたら「了解~」みたいな感じで。

——どういうプレゼンをしたんでしょうか?

西野:TENGAの「性を表通りに」っていう理念はまさしく私がずっと思ってたことだし、製品自体も射精障害のトレーニングとして病院でも使われている、身体に障害がある方の性にも取り組んでて、すごくまじめな会社だと、逐一説明しました。

tenganishino3_DSC6142

——「性を表通りに」という理念は、おふたりの活動からひしひしと感じられます。

西野:性って、性暴力とかマイナスな面もあるけど、セルフプレジャーやパートナーとのセックスなど楽しい面も多いんです。それなのに、すべてがタブー視されてフタをされているから、はじめは小さかったはずの問題が、誰にも相談できずに大きい問題になってしまうということが多々あります。

そういうことを、今困っている人、特に下の世代に伝えるためにはどうしたらいいのかと考えた結果、若い世代に格式張らずにカジュアルに、でもちゃんとメッセージを伝えられるのがTENGAという会社だと思って、この仕事に転職したんですよね。

tengaimage

後悔しないか都度自分に問いかける

——工藤さんがTENGAに転職を決めたのはなぜですか?

工藤:私は幼少期からセルフプレジャーをしていて……。それがバレて親に布団をめくられて何回も怒られたりしていたんです。なんで怒られるのか理由を説明されず、疑問を持ちながら、ただただ「ダメなこと」だと押し付けられて。

でも、(女性向けアダルトグッズの)irohaが発売されたとき、女性のことを考えたさわりごこちやデザインから、「セルフプレジャーって恥ずべきことじゃない、むしろ楽しいことなんだよ」って言われているような気がして、自分の性を肯定されたようですごく救われたんです。そういうメッセージを発信してくれるプロダクトに惹かれたというのがきっかけになっています。

——以前、で、転職するにあたって「自慢の娘」から「自慢できない娘」になってしまったと話されていましたが、親の目や世間の目を気にして、やりたいことをやれてない人がいたら、なんて言葉をかけたいですか?

工藤:「自慢の娘」でいる自分と、やりたいことをやっている自分を天秤にかけたときに、私は後者のほうが大事だなって思ったからこの決断をしましたが、もし、同じ境遇で悩んでいる方がいて、その方が前者のほうが大事だと思うなら、それはそれでひとつの選択だと思います。

ただ、どっちが大事かの天秤にかけて、正面から考えたうえで「私はこれがいいんだ」って自分のなかで納得することは必要かと思います。そうしないと、あとで後悔することになるから。

tengakudo2_DSC6103

西野:世間に何か言われる心配って、どんなことにもあると思うんですけど、結局自分の責任をとれるのは自分しかいないんです。何十年後かに「これでよかったのかな」って後悔しないかどうかを、都度、自分のなかで問いかけていきたいですよね。

自分で「これをやりたい」「こういう自分でありたい」って認識するより先に、外から言われたことを内面化しすぎて、それが私が求めているものなんだって、刷り込みみたいになっている人は少なくないと思うんです。だからこそ、自分で何か決断するとき、ターニングポイントみたいなときに、それが本当に自分がやりたいことなのかを考えてみるといいかもしれません。

女性から「汚い」と言われたことも

——「自慢の娘」よりやりたいことやっている自分をとった今、TENGAで自分を発揮できてると思いますか?

工藤:前職のままでも楽しかったとは思うんですよ。メンバーも大好きでしたし……。でも今のほうが、自分のやりたいことのベクトルと、会社がやりたいことの方向性がすごく一致してる感覚がある。だからすごく働いていて楽しいです。

——ちなみに、TENGAの広報として発信していて、女性からの反応ってどうなんでしょう。

工藤:ほとんどの方が応援してくれているんですけど、「女性に性欲があると思われると、性被害が増えるからやめてください」という意見をいただいたこともあります。女性の性欲と性暴力はまったくの別問題だと思うのですが……。

西野:「女性たるものこうあるべき!」って考えている方から、「はしたない」とか「汚いことを言わないでください」って言われたことはあります。

——女性の性に関して発信することが「汚い」?

西野:そういう考えの方もいるんです。性って人間のセンシティブなところに触れてしまうので、「汚い」と言われるともちろん悲しいけど、その方がなぜそう思うに至ったのかを想像するのもすごく大事。もしかしたらトラウマがあるのかもしれないし、何かを内面化してそうなっているのかもしれないし、もしその方が無意識に自分を押さえつけているなら、解放する手段はないかなと考えるきっかけにもなります。そういうことを考え続け、私たちが発信していくなかで、どこかで「ハッ」となってくれたらうれしいですね。

tenga3-3_DSC6504

(取材・文:須田奈津妃、撮影:大澤妹)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

TENGAに転職を決めたとき母は泣いた。でも決断は自分でするもの

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング