平成最後の夏の終わり!働き女子をぐったりさせる、夏バテ・肌バテ・職場ストレスバテ

SHARE
平成最後の夏の終わり!働き女子をぐったりさせる、夏バテ・肌バテ・職場ストレスバテ

いよいよ平成最後の夏が終わりに近づいています。今年の夏は、猛暑日が多く、連日の暑さにやられてぐったりという人も多いのでは?

この度養命酒製造は、「ビジネスウーマンの夏バテ」というテーマで、インターネット調査を実施。2018年7月4日~7月10日の7日間で、全国の20歳~39歳の未婚のビジネスウーマン1000人の有効回答を回収しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)

調査の結果、3人に1人が夏バテ、肌バテ、職場ストレスバテの「トリプルバテ」を感じていることがわかりました。

6割の働き女子が夏バテ気味

img_164023_1

まず、全回答者(1000人)に、夏バテ(夏の暑さによって体調がすぐれないこと)をどの程度感じているか聞いたところ、「非常に感じている」が14.0%、「やや感じている」が44.9%で、合計すると58.9%となりました。半数以上が夏バテを「感じている」ことがわかりました。

乾燥や冷えで感じる「肌バテ」

img_164023_4

肌バテ(夏の紫外線や冷房による乾燥、冷えによる血行不良が原因で肌の調子がすぐれないこと)の状態について、最近、どのくらい感じているか聞いてみると、「非常に感じている」が16.0%、「やや感じている」が46.9%で、合計すると62.9%となりました。

ストレスも体調に影響

img_164023_8

また、職場ストレスバテ(職場でのストレスがたまり、体調がすぐれないこと)をどの程度感じているか聞いたところ、「非常に感じている」が30.2%、「やや感じている」が34.2%で、合計すると64.4%となりました。

3人に1人がトリプルバテ状態

img_164023_10

「夏バテ」と他の不調の併発状況についてみると、「夏バテ」「肌バテ」「職場ストレスバテ」の3つを感じている人は36.6%と、3人に1人がトリプルバテ状態であることがわかりました。

働き女子に聞いた夏バテ解消対策

img_164023_13

そんな働き女子たちは、夏バテ解消のためにどのような対策をとっているのでしょうか。全回答者に、夏バテ解消術について聞いたところ、「こまめに水分補給」が58.2%で最多となりました。続いて、「しっかり睡眠をとる」が32.5%、「エアコンの温度を適温にキープ(下げすぎない)」が29.5%、「冷たいものを食べすぎない・飲みすぎない」が22.0%、「夏野菜たっぷりの料理を食べる」が20.0%となりました。

夏の間の疲労が出やすい9月。周りの夏バテ解消術も参考にして、無理せず過ごすようにしたいですね。

■調査概要
調査対象:20歳~39歳女性
有効回答:1,000名
実施期間:2018年7月4日~7月10日
調査エリア:全国
調査方法:インターネットリサーチ
調査協力会社:ネットエイジア株式会社

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

平成最後の夏の終わり!働き女子をぐったりさせる、夏バテ・肌バテ・職場ストレスバテ

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング