そろそろ「母親はこうあるべき」って“呪い”をかけ合うの、やめません?【透明なゆりかご】

SHARE
そろそろ「母親はこうあるべき」って“呪い”をかけ合うの、やめません?【透明なゆりかご】

女優の清原果耶さんが主演するNHKの連続ドラマ『透明なゆりかご』(総合、金曜午後10時ほか)が放送中です。累計発行部数360万部(電子含む)を突破した、沖田×華(おきた・ばっか)さんのマンガが原作で、産婦人科院の見習看護師として働くことになった高校3年生の×華さんから見た、命が生まれるだけではない産婦人科の現場を描いています。

連載開始から4年。ドラマ化でさらに多くの読者を獲得し、反響を呼んでいる同マンガについて沖田さんに話を伺いました。

【関連記事】40歳でロックTシャツを着るのは痛いこと?

180816-001

「子どもが欲しくない」は変なこと?

——前回のインタビューで「『子どもが欲しくない』というのも私だけだと思ってた」というお話が出ましたが、私も特に子どもに興味がないのですが、そういうことを言うと「産んだら可愛くなるよ」「母性が目覚めるよ」と言われるんですよね。深い意味はないのでしょうが、意思として認められていないんだなあと思います。

沖田:私も昔、考えたことがあったんですけれど、結局、そういう人たちとはわかり合えないから。

私は「なぜ子どもを産むのかな?」と、いまだに子どもを産む人の気持ちが分からないんですよ。どうして産むのかなと。相手は相手で「なぜ産まないのかな?」と思っているんですよね。それは永遠の平行線なので、交わることはないので、こういう生き方もあるんだよっていう程度にしたほうがいいのかなと思いました。

子どもを産まないのだって、病気で産めないかもしれないし、同性の人が好きだから子どもを作らないのかもしれない。

私は弟夫婦に子供が3人いて、たまに遊ぶのですが2時間が限界ですね。どれだけ可愛い身内でも「そろそろ帰りたいな」と思っちゃう。でもそれを言うと「冷たい」と言われるんですよね。蛇を嫌いなのと同じ調子で「子どもが嫌い」と言うと一気に「不思議な人」と思われる。

180816-011+

——女にはあらず、人にはあらずのような扱いをされますよね。沖田さんのマンガを読んでいるとそういう価値観の押し付けがないのに救われます。マンガにも父性が芽生えない人のエピソードがありました。男の人が「そして父になる」のと一緒で、女性も子どもを産んだと同時に母になるのではなくて、だんだんと母になっていく。「母親はこうあるべき」のような完璧な母親像が求められる世の中で救いになるなと。

沖田:ちょっと前まで大学生やってて、急にお母さんになるわけないじゃないですか。だってうちらは人間ですよ。世間が押し付けてくる「母性」って、ある意味絶対的な能力っていうか、神様的なものじゃないですか。そんな神様の力を人間がポンポン使えるわけないから。

私はあくまでも、こういう夫婦がいた、こういう妊婦がいた、子どもを産んだらこういうことになったっていう人をベースで描いてるので、別に母性なんてないよねというスタンスですね。医学用語としての母性はあるのですが。

——「母親はこうあるべき」とか世間には呪いがたくさんありますが、そろそろそういうのをやめたいです。

「セックスがないと終わりだと思ってた」

沖田:でも、女の人も10代、20代で、「私25歳でババアでさ」みたいなことを言うじゃないですか。私も子どももいないのに、若さがなくなっちゃったらどうなるのかなと思ったんです。でも、40歳近くになると、いろいろなものを見てるからかな? そういう変なとらわれがなくなってきてるというか。体はどんどん老いていきますけど、精神的にはすごく自由になっていく感じはします。ピークが過ぎたときに、女だからこうするとか、ああするとかって、いろいろ言ってくる人も少なくなってくるから、楽だなって。

——女に見られなくなったときの寂しさみたいなものはないですか?

沖田:どうですかね? 私、今の彼氏もそうなんですけれど、セックスがなかったらもうおしまいだと思ってました。なぜかと言ったら、(セックスがないと)相手が浮気しちゃうから、そういう心配があるからしようかみたいな。でも、そこを超えたら、最近は別に体のつながりがなくてもいいかなと思うようになりました。

——世間では恋人と言うと、セックスしてラブラブな雰囲気があってというのが恋人だよねというイメージがあるけれど、そこから自由になっているんですね。

沖田:私は逆に、子作り目的でセックスをしたことがないので、子どもができたという話を聞くと「そうだ、エッチっていうのは、子どもを作るためにするんだった」っていうくらい、ビックリするんですよね。妊娠、出産と無縁だったというか、どうしても寂しくなったら、ハムスターでも飼うかっていう感じですね。

180816-021+

——最後に読者へのメッセージをお願いします。

沖田:やっぱり年を取ったら取ったなりに、楽しいことがあると思うので。だから、そんな結婚、結婚って焦らなくてもいいのかな。でも、普通の女の人って人生の設計みたいなものを立てたりしてるんでしょうね。

——立てます?

沖田:まったく。

——私もです。それはなぜ立てないんですか?

沖田:なぜ立てないんだろう? 気がついたらこうなってて、今まで1回も自分の予定通りに自分の人生が進んだことがなくて。もういいやって。流されるまま、なるようになるしかないでしょって思ってますね。

——流されてどうですか?

沖田:私はいつも「いいな」と思ったら、トラブルを起こしてダメになっちゃったりもするんですけど、これも人生だなって思ってます。

(取材・文:Duniakita編集部・堀池沙知子、撮影:矢野智美)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

そろそろ「母親はこうあるべき」って“呪い”をかけ合うの、やめません?【透明なゆりかご】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング