「〇〇って言わない女子」tweet.10

「わたし、浮気者なの」 “好きな人”がたくさんいる私はダメですか?

SHARE
「わたし、浮気者なの」 “好きな人”がたくさんいる私はダメですか?

恋愛経験をある程度積み重ねてきて、酸いも甘いも知っているオトナだからこそ、パートナーにあえて「言わない」ことをあえて拾って、恋愛コラムニストの桐谷ヨウさんにアドバイスをいただく連載「◯◯って言わない女子」。

ヨウさーん! 今回はこんなつぶやきを発見しましたよーー!!

【今回のつぶやき】

「わたし、浮気者なの。」

晴れて付き合うことになったパートナーがいます。1コ年下ですが、家事も得意でいざというときに頼れるので結婚をするなら彼が最適だと思いました。

一点、彼と付き合っていく上で不安があります。彼が、というよりも私の問題なのですが、私は人と会うのが仕事のようなところがあり、出会いは多いです。

最近も、哲学の話ができる年上の男性と出会ったのですが、その人と話しているととても楽しく刺激的であっという間に時間が過ぎます。この前もつい夜中まで話し込んでしまい、彼からの連絡に気づかずにいました。その人とはこれからも会うことになると思いますし、もしかしたら体の関係を持ってしまうかもしれません。

付き合う人に影響を受けて、それが仕事や人生の喜びにつながるタイプだと自覚しています。そんな“浮気者”の私が一人の人をパートナーと決めて、結婚をしてよいものか悩んでいます。

世間様はいろいろ言うけれど…

今回のご相談内容が刺激的すぎて、テンションが上がっているヨウさんです。

客観的に見てみましょう。

ある男の人には結婚を決めた女性がいます。そのお相手は、結婚相手として実によい。だけど、魅力的な女性とはまだまだ人間的に関わりたい、流れによっちゃ性的に関わる可能性だってある。仕事と人生の喜びは、面白い人を味わいつくすこと。

「こんな奴ダメでしょ!!」

……なんて言うわけないじゃないですか! どんどん楽しみましょう。

恋愛や人生において、正しいも間違っているもありません。人様がどう言うかは、ただの世間体の問題です。

よいか悪いかは、自分の美意識の問題です。自分の美学に沿っているのであれば、誰にもジャッジされる必要ありません。

結婚制度だって人類の長い歴史から見たら、ごく最近にできたものですよ……と言うのは話が逸れそうだな。

なんでこんなことを言うかというと、俺自身が人間としてご質問者様の気持ちが痛いほど分かるからです。性的な魅力から人間的な魅力を感じることはないですが、人間的な関係性を入り口に性的な関係性に発展することは身をもって知っています。

そして自分の好奇心を刺激してくれる相手を見つけることは(相手が男女問わずですが)、自分の世界の見方に広さと深さを与えてくれ、何物にも代えがたい人生の充足感を与える材料だということを知っているからです。

おそらく、俺とご相談者様は同じ人種であり、こういった人種はそれなりに多く生息しているように感じます。

「わたし、生きてる!」と感じる瞬間は?

では、先日、既婚になった俺自身は同じことをやるか? をまず話しましょう。

答えは「やらない」です。媒体で書いてるからとか、ポジショントークではなく、ひとまず興味がなくなりました。これは完全にそういう気持ちがなくなったから結婚したという意味ではなく、そこそこやる気がなくなって結婚したら、余計にどうでもよくなったってノリです。

それよりは「夫婦とはどういうもの?」「自分だけではなく、妻も含めた幸せとはどんなものか?」という着想をすることを楽しんでいます。ずっとはわからないですよ。先のことはわからないけど、いまいまは本心からそう思っています。

ただ、自分本位がふたり本位になったとかまで言っちゃうと、嘘っぽいんだけどね。まぁ他者から得られる仕事や人生の充実とは別軸の幸せを得られるルートがあるんじゃないか? みたいに感じてます。

今回のご相談はポリアモリーや分人主義の問題も孕(はら)みます。自分はその選択しませんが、複数のパートナーを──関係者が納得の上で──同時に愛することはあるでしょう。旦那と一緒にいるときの自分が好きであるのと同時に、優劣をつけることができないくらい、別の他者といる自分を愛することもあるでしょう。

その選択肢がありながら、そこに熱意を持てない俺の気持ちはひとつです。

「別に生涯のパートナーがいたって、俺(と妻)の人生はつまらなくならない」という信念です。これを前提に面白くやっていくことはできんじゃねーか? という試みをしてみる、という感じでしょうか。

とはいえ、これは「正解」とは思わないんですよ。俺個人の暫定の気持ちでしかないし、何よりもご相談者様の人生は、ご相談者様のものなんです。

そして、間違っちゃいけないのは、ご相談者様の人生は、あなたが結婚を考えている彼氏さんのものでもない。そのために自分の人生をつまらなくするのは絶対にまちがっている。

自分の人生を楽しんでください。飽きるまでやりつくしてください。バレなきゃいいんです。俺はバレそうだからできないって面だって正直あります。

つまんねー顔して夫婦っぽい生活をしているあなたよりも、生き生きとしているあなたを好きなのが旦那さんかもしれない。そして、大体の男は本当にけっこう気づかないですし(笑)

で、なんで結婚したいの?

強いてツッコミを入れるとするのであれば、「なんでそんなスタイルなのに、結婚はしたいの?」という部分でしょうか。人目なんて気にせずにガンガン魅力的な異性と楽しめばよいじゃないですか。

いや、そりゃタイミングを逃すと結婚が難しくなってしまうとか、自分のベースが存在している感覚が欲しいとかはわかりますよ。なんだけど、「家庭的で、いざというときに頼れる」ことがご相談者様の人生観・価値観において、本当に大事なことなんだろうか? とも思うわけですよ(笑)

まぁ人間なんでいろいろな側面があるとしましょう。とはいえ、もしかすると世間の結婚観(世間体)に振り回されてるのかもしれないし、彼氏に感じている魅力がまだ掘り下げられていない(自分の美意識)のかもしれない。

そこだけが気になりました。もしかするとまだまだ自分の欲望や価値観を掘り下げていけるかもしれません。

繰り返します。世間体を無視すれば、大半の世の中に正しいことなんてありません。そして、自分の美意識にブレがなければ、よいも悪いも、決めるのはあなたです。

結婚してもよいか? については、まったく問題ないと俺は回答します。

同時に、自分の心の奥底からの声にもう一度、耳をすませてください。それこそが必要なことです。他人とは思えないあなたを、応援しています。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「わたし、浮気者なの」 “好きな人”がたくさんいる私はダメですか?

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
続きを読みます

www.gefest-sv.kiev.ua

https://biceps-ua.com