小西美穂さんインタビュー第2回

偉そうなおじさんとどう話したらいい? “媚び”ニケーションとコミュニケーションの違い

SHARE
偉そうなおじさんとどう話したらいい? “媚び”ニケーションとコミュニケーションの違い

「部下ができたけれど、なかなか心を開いてくれない」
「正しいことを言っているはずなのに相手とぶつかってしまう」
「世代も性別もちがう“おじさん”と話すのが苦手」

といった働く女性なら誰でも一度はぶつかったことがあるであろうコミュニケーションの悩み。

表面上は社会人として最低限のコミュニケーションはできていても、実は伝え方や会話で悩んでいるという人も少なくないのではないでしょうか?

そんな働き女子の悩みを解決すべく、このほど初の著書『3秒で心をつかみ10分で信頼させる聞き方・話し方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を上梓した、日本テレビの解説委員・キャスターで、現在は夕方の報道番組『news every.』(月~金曜午後3時50分~)に出演中の小西美穂さん(48)に全5回にわたって話を聞きます。

これまで総理大臣や政治家、エコノミスト、俳優やタレント、スポーツ界の著名人など各界のエキスパートなど、のべ1700人に話を聞いてきたという小西さんがつかんだ会話のコツとは?第2回目のテーマは「偉そうなおじさんとの話し方」です。

【初回は】3秒で心をつかむ「ほんわか」って何ですか?

『3秒で心をつかみ10分で信頼させる聞き方・話し方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を上梓した小西美穂さん

『3秒で心をつかみ10分で信頼させる聞き方・話し方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を上梓した小西美穂さん

おじさんだって気を遣っている?

——前回は「コミュ力はちょっとした工夫でアップする」というお話でした。今回から具体的なケースを挙げながらお話を伺えればと思います。

仕事で、“偉そうなおじさん”に会うこともあると思うんですが、私の場合、緊張してしまってどこから会話の糸口をつかめばいいのかわからないんです。居酒屋で会った隣のテーブルのおじさんとは話せるのに……。

小西美穂(以下、小西):この悩みは私もよくわかります(笑)。実際に偉い方も番組にいらっしゃるんですが、私みたいな人間がインタビューをさせてもらうのは本当に恐れ多い。でも、そんなの視聴者のみなさんにとっては関係ないことなんですよね。私もその方の考えを堂々と聞いて、いい答えを引き出さないといけない。

——テレビカメラの前で……。緊張なんてものじゃなさそう。。

小西:でも、そこでふと思ったのが、相手も緊張してるかもしれないってことなんです。

例えば、Duniakitaの読者の方だとすると、30代ですよね? 娘みたいな世代の子と対面して、向こうだって「何を話していいのかな」とか「余計なことを言うとセクハラって思われないかな」と思っているかもしれないし、ひょっとしたら緊張してるかもって。

180201_02wotopi-0020s

——確かにこういう世の中ですし、下手なこと言えないって思っている可能性は高いかも……。

小西:そうそう。だったら、まずはこちらから笑顔を見せるっていうのは大事だと思うんですよ。「インフルエンザが流行ってますけど大丈夫ですか?」とか天気の話とか、何でもいいので「いつもより笑ってるな」くらいの笑顔で。

——いつもより笑顔にするのがいいんですか?

小西:緊張していると笑ってるつもりでも、笑ってないこともあるんですよね。

——はっ、そうですね。

小西:しっかり笑って自分から笑顔になって話をしてみる。やっぱり笑顔って人の心を開く力があると思うんですよね。それに私が思うに、偉そうな人って10人中8人は自分が話したいんだと思うんです。だから聞いてあげるといいんですよね。

——自分が話したい……そうかもしれないですね。会話の糸口は?

小西:肝心なのは相手が話しやすいことを振ること。

180201_02wotopi-0063s

——相手が話しやすいこと……。

小西:天気の話もそうですが「持ち物」ですね。本には“三種の神器”として「ネクタイ」「ペン」「ピンバッジ」と書いたんですけれど、会ったときにパッと観察して、「素敵な色合いだなあ」とか、「ちょっと特別なものなのかな」と思ったら無理のない感じでさりげなく聞くとよいと思うんですよ。自分の物だったらすぐに答えられるでしょ? 自分の物だったら話しやすいですよね。

相手が話しやすいことをまず振るっていうのが大事かな。偉い人だからと言って、政治とか経済とか、難しい時事問題なんかする必要はないんですよ。

——無理して北朝鮮の話とか仮想通貨の話をする必要はないんですね。とりあえず会社の上司で練習してみます!

小西:はい(笑)。

バカなフリをしたほうが可愛いって言うけれど…

——そういえば、よく「おじさんや男の人の前では知らないフリをして可愛げを出せ」というのがモテテクとして言われることもあると思うんですが、それってどうなんでしょうか。私としては、それって男性のことも女性のこともバカにしているよなと思うんですが……。

小西:無理にバカなフリをする必要は全然ないと思います。正直なのが一番よくって、知ってることは「知ってる」って言えばいい。

例えば、難しいこと聞かれて、「ニュースで見ましたけど、こういうことですよね。でもそれ以上のことはあんまり知らないんですよね」と言うとか。等身大でいいと思うんですよね。

だから、「無理に知らないフリをするほうが可愛げがあって気に入られるんだよ」というのは違うと思います。

知っていることだったら「私めっちゃ気になって意外と調べたんですよ」とかね。「こうですよね? そんなの知ってます」みたいな態度に見えると、相手も「何だ」って思っちゃうでしょ? そこもやっぱり、「ほんわか」と相手と歩調を合わせるというのが大事なんじゃないかな。

——等身大のほうが自分も相手も楽しいですもんね。

180201_02wotopi-0146s

「媚び」って必要ですか?

——可愛げと言えば、媚びて気に入られる方法もあると思うんですが……。

小西:相手に気に入られると、相手もまた会いたいと思ってくれる。仕事もうまく運ぶ。そうすると成果が上がる。だから、気に入られるのは仕事でとっても重要だと思うんです。で、手っ取り早いのが、媚びたり褒めたりすることだと思うんですよね。

——はい。手っ取り早いですね。

小西:でも、媚びたり褒めたりして途中まではうまくいっていてもそれだけだと「何だこいつ。自分に媚びへつらってるだけじゃないか」と思われてしまうと軽く見られちゃうんですよね。

だから「この人と会ったらすごくいろいろな情報をくれるな」とか、「物事をほかの人とは違う見方をしていて面白いな」と思ってもらうのが大事だと思うんですよね。

相手のよい部分に関心したときや素直に「いいね!」と思ったときに、それを伝えるのはよいことだとは思うけれど、「too much」になり過ぎると軽く見られちゃう。そこは注意が必要だと思います。

「自分には褒めることしか相手に気に入られる方法がない」と思ったら、褒めること以外のアプローチを自分で磨くのが大事かなと思うんですよね。

——褒めること以外のアプローチかあ。

小西:なんでもいいんですよ。例えば、親しくなりたいと思っている相手はどんな人なのか? 仕事相手だったら、前回会ったときにした話を持って帰って調べて、次に会ったときに「あれって調べたら、こういう話だったんですよ」とか「○○さんがオススメしてくださった映画、見ましたよ!」とかね。

気に入られるアプローチっていうのは、話題が豊富だったり、自分の話をしっかり聞いてくれて次にいかしてくれてたりという“手応え”だと思うんですよね。

——そうですね。せっかく時間をちょうだいするのだから、お互いにとって発見のある時間にしたいですもんね。

180201_02wotopi-0175

※次回は2月28日公開です。

(聞き手:Duniakita編集部・堀池沙知子、写真:宇高尚弘/HEADS)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

偉そうなおじさんとどう話したらいい? “媚び”ニケーションとコミュニケーションの違い

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
Мы предлагаем заказать и https://xn--e1agzba9f.com недорого с доставкой.
best-cooler.reviews/cooler-with-speakers-ice-chest-radio/

look antibioticlistinfo.com