川原好恵のランジェリーコラムVol.29

大人だからこそ付けたい…!レースの女王“リバーレース”ランジェリー

SHARE
大人だからこそ付けたい…!レースの女王“リバーレース”ランジェリー

「川原好恵のランジェリーコラム」
の連載一覧を見る >>

レースの女王“リバーレース”って?

ランジェリーに欠かせないレース。レースの質はランジェリーの出来映えを大きく左右し、着け心地(パターン)と同じくらいランジェリー選びの大切な要素と言えます。

ランジェリーで使われるレースには、ラッセルレースやエンブロイダリーレースなどの種類があるのですが、その中でも、繊細で気品があることから、“レースの女王”と言われるのが「リバーレース」です。

リバーレースは、産業革命のさなかである1813年に、イギリスのジョン・リバー氏が機械を考案し、その原型が生まれました。

他の種類のレースは機械化が進み、日進月歩で進化を遂げているのですが、このリバーレースは約200年前に確立された技術が、ほぼそのまま今に受け継がれているのが特徴。

さらに、今となっては新たなリバーレース機が作られることがないため、現在、世界で稼働している約200台のリバーレース機を大切に修理しながら生産していくしかありません。そんなドラマチックなストーリーも、華麗なリバーレースにお似合いです。

生産するには大変手間がかかるため、必然的に価格も高くなってしまうのですが、それでもランジェリーに限らず、ファッションのトップメゾンがリバーレースを使用するのは、決して他のレースでは表現できない独自の美しさがあるから。

そんな芸術品のようなレースを一度はまとっていただきたい、それをまとったときの高揚感を味わっていただきたい……そんな思いを込めて、今回はリバーレースのランジェリーをご紹介します。今年頑張った自分へのご褒美にいかがですか?

2万本あまりの糸によって美しいレースを創造するリバーレース機。(資料・画像提供/栄レース株式会社)

2万本あまりの糸によって美しいレースを創造するリバーレース機。(資料・画像提供/栄レース株式会社)

憧れブランドの8色ストレッチリバーレースショーツ

laperla2

laperla1

laperla3

ランジェリー界のトップブランドとして知られる、イタリア ボローニャ発「ラペルラ」。フランス製の最高品質リバーレースにストレッチ性を加えて作られたこのショーツは、とても柔らかなはき心地でアウターにもひびかないことから「フリーダムパンティ」と名付けられました。9色展開で、8枚セットで購入すると専用のギフトボックスが用意されています。手の届く価格ゆえ、憧れブランドのファーストアイテムとしてもおすすめです。

フリーダム パンティ 各7300円/

シンプルだからこそ、美しさが際立つランジェリー

treful2

treful3

treful4

treful1

ブランドコンセプトは“美しさの芸術”である「トレフル」のロングセラー。リバーレースを2色に染め分けすることで、より立体感とラグジュアリー感が表現され、長く愛されている安心のパターンと繊細なレースによって普遍的な美しさが感じられます。モチーフや色で飾り立てなくても美しさが際立つその雰囲気は、まるで素肌が美しい品格のある女性のようです。

3/4カップブラ15000円〜、ショーツ6500円、フルカップブラ14000円〜、スリップ32000円/

フランスらしいモードなネイビー

aubade2

aubade3

aubade4

aubade1

リバーレースの生産地として知られるフランスのカレー地方で作られたレースを使用したセット。Bleu Nuit(夜の青)と名付けられた深みのある紺が、繊細なリバーレースにモードな表情を加えます。このブラジャーは、マリー・アントワネットのロマンチックでセクシーなドレスからインスピレーションを得たとのこと。デコルテを魅力的に見せるデザインやドレープ使いが、その雰囲気を醸し出しています。

ブラジャー18000円、ショーツ10000円、ボクサー14000円/

リボンが肌を彩る、大人かわいいセット

salonbypj2

salonbypj4

salonbypj3

salonbypj1

まるで肌と一体化するような透け感のあるヌーディカラーの地色に、リボンで縁を飾ったような特別なレース。リバーレースはエレガントな柄が多いのですが、これはちょっと遊び心があって、愛らしい印象です。このノンワイヤーのパデットキャミは1枚で着られて、リラックス感もいっぱい。それでいて、セクシーなムードも楽しめる。やはり、リバーレースの美しさがあってこそのセットアップです。

リュボンパデットキャミ6200円、リュボンブラ5600円、リュボンパンティ3200円/

ドレスのようなラウンジウェア

langerique1

langerique4

langerique3

langerique2

一面に茂る木々をモチーフにしたリバーレースを袖口にあしらったラウンジウェア。身生地は綿と麻のボーダー模様、繊細なリバーレースを袖口にあしらっただけで、これだけ優雅な雰囲気に仕上がるのもリバーレースならでは。縁のアイラッシュが肌を飾るブラジャーもおすすめ。ホワイトやグリーンなどでスタイリッシュにリバーレースを楽しむのも、大人っぽくて素敵です。

ラウンジウェア 28000円、トライアングルブラ9000円、ショーツ5500円/ランジェリーク(カドリールインターナショナル)*1月中旬発売予定

こうして並べてみると、同じリバーレースでも、ひとつひとつ表情が違うのがわかります。ただ共通しているのは、肌に重ねたときにレースの美しさがさらに増すこと。ぜひ、ご自身の肌で確かめてくださいね。

この連載をもっと見る

川原好恵のランジェリーコラム

下着は、ボディラインを整えるだけではなく、女性に自信を持たせ、内面から輝かせてくれるもの。自分が素敵だと思う下着を選んで身につけることで心と体を自由にしてくれるアイテムです。ランジェリーライター・エディターの川原好恵さんに大人の女性にこそ着けてほしいランジェリーをテーマごとに紹介していただきます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

大人だからこそ付けたい…!レースの女王“リバーレース”ランジェリー

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング