「ありのままに」おっぱいを出していきたい/川崎貴子さん【11月人気記事ランキング】

SHARE
「ありのままに」おっぱいを出していきたい/川崎貴子さん【11月人気記事ランキング】

あっという間に2017年の締めくくりとなる12月がやってきました。

今年の振り返りや、来年のことを考える時はぜひ「Duniakita」にお立ち寄りください。新しい視点や切り口によるインプットをサポートします。今月も人気記事(集計期間:2017/11/01〜2017/11/29)をランキング形式でお届けします。

1位 これからも「ありのままに」おっぱいを出していきたい【川崎貴子×前野隆司】

第1位は、『我がおっぱいに未練なし』(大和書房)を上梓した、女社長・川崎貴子さんと、慶應義塾大学大学院の前野隆司教授の対談記事でした。

乳がんになった「のに」、おっぱいを失った「のに」なぜ川崎さんはそんなにポジティブに前を向いて進んでいけるの? 川崎さんが幸せそうに見える理由を「幸福学」研究を行う前野教授に解説していただきました。

2位 産まない理由の第1位、欧米「今の生活に満足しているから」、日本は…

第2位は、妊娠・出産ジャーナリストの河合蘭さんによるレポート記事でした。「産みたくない女性」が増えているのは世界的な現象ではあるけれど、ある企業の調査結果によると「産みたくない理由」は日本だけ特殊なようで……。

3位 「シャンプーとコンディショナーは何を使ってる?」オトナ女子に聞いてみた

3位は、Duniakita編集部のヒアリング記事でした。テーマは「シャンプーとコンディショナーは何を使ってる?」。乾燥して髪のパサつきも気になってくるこの季節だから、ヘアケアに力を入れたいという女性も多いのかもしれませんね。

4位 最近やって面白かった習い事は何ですか? オトナ女子に聞いてみた

4位にも、ヒアリング記事がランクイン。都内で働く女性に「最近やって面白かった習い事は何ですか?」と聞いてみると、「クリエイティブ生花(いけばな)」「ひらめくヨガ」「ストレス発散のドラム」など、思い思いに習い事を楽しむ姿が見えました。

5位 円満夫婦の23%が「ほぼ毎日キス」いちばん円満な世代は…?【ブライダルデー調査】

5位は、ぐるなびが「いい夫婦の日」に合わせて、夫婦(パートナー)を対象に行ったアンケート調査の結果をまとめた記事でした。円満夫婦の約2割が「ほぼ毎日キス」をしているなど、興味深い調査結果が出ました。

6位 “70歳で妊娠”の設定が話題に 「子どもはいずれ…」の感覚が変わった時

6位に入ったのは、『セブンティウイザン』の著者であるタイム涼介さんのインタビュー記事。“70歳で妊娠”というSFのような世界を描いたマンガではありますが、今、なぜ「70歳からの子育て」を描いたのか? 著者のタイム涼介さんに聞きました。

7位 恋愛で「歳の差」を気にしますか? オトナ女子に聞いてみた

7位は、Duniakita編集部によるヒアリング記事、「恋愛で「歳の差」を気にしますか? オトナ女子に聞いてみた」でした。理想はあっても、目の前の相手が実際に一緒に生きていける人かどうかとなると、いろいろ悩んでしまうもの。「歳の差」も、その一つかもしれません。

8位 ドラマの「散らかっていないOLの部屋」は不自然 おかざき真里さんに聞く、働き女子のリアル

8位は、マンガ家のおかざき真里さんのインタビュー記事の第2回がランクイン。ドラマ化もされた『サプリ』や『&(アンド)』など、都会で働く女性の恋と仕事のリアルを鋭く切り取りってきたおかざきさんに、最新作である『かしましめし』の誕生秘話、「生きることとは?」など3回にわたって話を聞きました。

9位 足が痛まないブーツの選び方8つ【理学療法士が教える】

9位は、理学療法士の三浦賢一さんに聞いた「足が痛まないブーツの選び方8つ」でした。いつも履いている靴が足に合わないと、巻きツメなどのトラブルの原因になるとした上で、試し履きの時点で確認したいポイントを教えてくださいました。

10位 「丸首は絶対に着ない!」オトナ女子に聞いた自分流・体型カバーテク

10位にも、編集部によるヒアリング記事が入りました。テーマは「自分流・体型カバーテク」。それぞれのカラダの特徴やコンプレックスと向き合いながら、着こなしを工夫しているオトナ女子の姿が見えてきました。

Duniakitaはこれからも女性のリアルに迫ります!

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「ありのままに」おっぱいを出していきたい/川崎貴子さん【11月人気記事ランキング】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング