「パートナーとの共通の趣味は何ですか?」 オトナ女子に聞いてみた

SHARE
「パートナーとの共通の趣味は何ですか?」 オトナ女子に聞いてみた

今日は日曜日。パートナーと過ごしている人も多いのでは?

ふたりの間に共通の趣味があれば、会話も弾むし、デートのバリエーションも広がりそうですよね。

でも、「共通の趣味」ってどうやって見つけたらいいの?

そんな疑問が浮かび、Duniakita編集部では20代後半から30代のオトナ女子のみなさんに「パートナーとの共通の趣味は何ですか?」と聞いてみることに。

みんな、どんな趣味をパートナーと一緒に楽しんでいるの?

初期費用がかかったサイクリング

31歳・PR会社勤務

彼との共通の趣味は、サイクリング。始めたキッカケは、彼が友達に影響されて「自転車欲しいな」と言い出したこと。当時、彼が住んでいたマンションが最寄駅から遠くて不便だったんです。私もアウトドア派なので「自転車あったら楽しそう」と思い、意見が一致。自転車購入に踏み切りました。ちなみにメーカー名は忘れちゃいましたが、そこそこのブランドで、価格は7万円だった。自転車初心者なのに結構がんばっちゃいました。

最初はスピードを出すのが怖くて、近場を回っているだけだったんですが、慣れてからは休日にふたりで、彼の住まいのあった西麻布からフラフラ〜っと二子玉川やお台場までお出かけしたり。基本、私の自転車は彼のマンションに置いていたので、朝そこから出勤する時は自転車通勤なんて日も。

風を切る感じが気持ちいいし、運動不足解消にもなるし、趣味に7万円はちょっと高かったけど、買ってよかったな〜。普段の会話でも「次はどこ行く〜?」と彼とよく話してます。ママチャリじゃないから初期費用はかかったけど、お出かけの幅が広がったし、満足!

半日デートコース

28歳・広告代理店勤務

実は今の彼とは、お気に入りのデートコースがあるんです。夜一緒にごはんを食べに行く→銭湯に入る→近くのお店でビールを1杯飲む→彼の家に帰って寝る→朝ラン(朝ランニング)する、です。もはや、ふたりの間ではこれが鉄板。「趣味って言えるの?」って思われるかもですが、趣味なんです。(キッパリ)

彼は銭湯が好き、私はランニング好き……ということで、かけ合わせたらいつの間にか、このデートコースが趣味化しちゃったんです。

実行はだいたい金曜日から土曜日の朝にかけて。「一週間、よく仕事がんばったね! お疲れ様〜!」と渋谷や恵比寿の居酒屋やバルでごはんを食べて、だいたい中目黒の「光明泉」や表参道の「清水湯」に行きますね。選択の理由はキレイでワンコインで入れるから。

ランニングは5〜8キロ走りますね。距離は気分次第(笑)。そもそも男女でペースが違うので、無理にどちらかに合わせようとはしません。別々に走ることもあるし、彼が私のスピードに合わせてくれることもありますね。それにしても朝イチで走るのは気持ちいいです。お互いの趣味をコンボさせたデートコース、楽しいですよ!

クイズで協力プレイ

31歳・IT企業勤務

私の彼は典型的な、「自分ひとりの時間がほしい」タイプ。それだけならまだいいんですが、一緒にいる時でも『週刊少年ジャンプ』を読んだり、携帯ゲームをしたりと、とにかくマイペースなんです……。

ふたりとも忙しくて一緒にいられる時間は限られてるから、「ふたりでいる時は、マンガ読んだり、ゲームしないで!」なんて言いたくなった時期も正直あったんです。でも、ふと「だったら、一緒に楽しめばいいんだ!」と思い直して(笑)。彼がハマっている「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」のアプリをダウンロードしました。クイズ形式のゲームアプリなんですが、やってみると意外と楽しくて。

クイズだから、パズルゲームほど頭も使わないし、協力プレイができてかなり盛り上がってます。仕事でしばらく私が地方に行ってしまい遠距離になった際も、一緒にゲームをする時間帯を合わせて協力プレイに励みました。最近では、強いカード欲しさに、ふたり揃って課金することもしばしば……。

「いつも携帯ゲームしてる彼が嫌だな〜」と感じていたけど、彼の趣味に興味を持ってみると意外に楽しい発見があるんだなあ〜と。彼も私が一緒にゲームしてくれることを喜んでいるみたいです。

おうちでペアヨガ

30歳・ベンチャー企業勤務

もともと私がヨガをやってたんです。それでカップルでやる「ペアヨガ」にも興味があって、彼に「一緒にやってみようよ!」と提案たことがキッカケで始めました。休日に自宅でやるだけだから、タダだし、雨でもできるのがペアヨガのいいところ。

ペアヨガは、お互いの体の柔らかさやバランス、呼吸を合わせて一緒にポーズをとっていくんですが、これがまさに共同作業(笑)。「せーのっ!」ってじゃれながらポーズを完成させていく過程は何だかほほえましいです。自分で言うのもなんですが、女子高生向け恋愛映画のワンシーンみたい。そろそろけん怠期かも……という時期にもほどよいスキンシップになるからおすすめです。

サウナ道を極める

27歳・ベンチャー企業勤務

最近は銭湯とサウナめぐりにハマってますね〜。カップルなら一緒に入れる岩盤浴に行く人が多いかもしれませんが、私たちはあえてのサウナです。ふたり揃って入れるところが今のところ近所にはないので、必ず男女別になっちゃうんですが。一緒に銭湯に行って別々にサウナ入りながらひとりの時間を楽しんだあと、「どうだった?」って感想を共有する。これもまた一興、って感じです。

始めた理由は単純で、私も彼もお風呂好きだったこと。もともと銭湯デートは定番だったんですが、ある時、彼が「サウナ入った? めっちゃいいよ!」と言うので、試しに私も入ってみたらハマっちゃいました。私はサウナ初心者なので、サウナと水風呂を5分ずつ交互で入ります。サウナ中級者だから15分かな……。早くそこまで追いつきたいぜ。

ちなみに私たちの中では、サウナ漫画もはやってます。『マンガ サ道 〜マンガで読むサウナ道〜』(講談社)とかね。もちろん今週もサウナデートなので、サ道を極めてきます!

一緒だともっと楽しい!

調査をしてみると、パートナーと共通の趣味を楽しむオトナ女子の姿が見えてきました。

小さなことでも一緒に楽しめるものがあると、会話も弾み、インドアでもアウトドアでもデートの幅が広がるようです。

ふたりで興味が持てることに改めて目を向けてみると、何かおもしろい発見があるかも!

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「パートナーとの共通の趣味は何ですか?」 オトナ女子に聞いてみた

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング