人には言いにくいデリケートゾーンの悩み 東京の女性が気にするのは「はみ出す毛」

SHARE
人には言いにくいデリケートゾーンの悩み 東京の女性が気にするのは「はみ出す毛」

アンダーヘアのお手入れに、かゆみやムレ、匂いなど。デリケートゾーンに関する悩みはさまざま。最近はVIO脱毛が広まったり、専用ケアグッズが登場したりと、「デリケートゾーンのお手入れ」が身近に感じられるようになりました。

とはいえ、なかなかオープンに悩みを打ち明けるのは勇気がいるもの。このたび、医療脱毛専門院「リゼクリニック」が都内20~40代の女性330人を対象に【「デリケートゾーン」と「アンダーヘア」に関する調査】を実施しました。

調査の結果、「衣服からアンダーヘアがはみ出る」トラブルを経験した女性が約4割いることがわかりました。

蒸れ、かゆみを抑えて「はみ毛」が1位に

sub6

「デリケートゾーンのトラブルについて、経験したことがある事をすべてお選びください」という設問に、「衣服からアンダーヘアがはみ出る」が43.9%で最多となりました。続いて、「デリケートゾーンの蒸れ」が41.8%、アンダーヘア周辺のかゆみ・かぶれが39.1%となりました。

8割の女性がアンダーヘア「気になる」

main

「自身のムダ毛のうち、アンダーヘアは気になりますか?」という質問に、気になるという回答は80.6%(とても気になる:33.0%、少し気になる:47.6%の合計)となりました。

now

一方で、「現在アンダーヘアの処理はしていますか?」という設問に対して、「たまに手入れをしている」が40.3%で最も多くなり、「常に手入れをしている」という回答は15.8%にとどまりました。

シェーバーでお手入れしている人が5割

how

実践しているアンダーヘアのお手入れ方法を聞いたところ、「シェーバーで剃毛」が52.9%で最も多くなり、ハサミでカット(39.2%)、エステサロンでの脱毛(22.9%)と続きました。

処理の理由は「見た目のため」

reason

既出の設問「現在アンダーヘアの処理はしていますか?」にて、「常に手入れをしている」「たまに手入れをしている」「昔していたが、いまは無頓着」を選択した回答者に「アンダーヘアを処理する(しようと思う)理由」を聞いたところ、「見た目のため」が56.5%で最も多くなり、「清潔に保つため」(40.9%)、「デリケートゾーンの蒸れ」(31.3%)、「アンダーヘア周辺のかゆみ・かぶれ」(25.3%)と続きました。

自分にしかわからない部分でも…

常に下着や衣類で覆われているデリケートゾーン。自分にしかわからない悩みだからこそ、適切なケアで自分の“ご機嫌”を保ちたいものですね。


■調査概要
調査主体:医療脱毛専門院『リゼクリニック』調べ
対象期間:2017年10月20日(金)~10月21日(土)の3日間(インターネット調査)
対 象 者:都内在住の20~40代女性330名対象(20代/30代/40代 各110名)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

人には言いにくいデリケートゾーンの悩み 東京の女性が気にするのは「はみ出す毛」

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング