私の「失敗しない」買い物術! オトナ女子に聞いてみた

SHARE
私の「失敗しない」買い物術! オトナ女子に聞いてみた

今日は土曜日。お買い物に出かける予定の人もいるのでは?

ショッピングは気分も上がるし、ストレス発散にもなるし、買い物好きな女性は多いはず。

できれば欲しいものをコスパよく買いたいけれど、「買わなきゃよかった……」とあとから気づくこともありますよね。

そこでDuniakita編集部では、オトナ女子のみなさんに「失敗しない買い物術」を聞いてみました。

「絶対試着」

32歳・PR会社勤務

当たり前かもしれないけど、「試着」は絶対にかかせません。私は身長160cmの細身で、試着しなくてもそんなに悩まない、困らない体型ではあるんですが、ちょっとした手足の丈感で印象が変わるし、いざ購入して着てみたらイメージ通りじゃなくて……って場合あるじゃないですか。

なので、どんな時も「絶対試着」です。休日でお店が大混雑していて、試着する時間がなければ、気になっている商品はキープしといてもらい、家に帰ります。で、平日の夜など人が少なさそうな日を狙って再度、お店に行って試着します。試着すれば失敗は避けられます!

はやり物、セール品には安易に手を出さない

31歳・通信会社勤務

この年齢になったので、安易にチープなものは買わなくなりました。その代わり、長く着られるデザインや、流行がないものを選びます。

トレンド品で気になるものがある場合は、購入する前に「この服、来年も着れる?」「秋まで使える?」と自分に問いかけます(笑)。また、「自分が持っている他の洋服との相性は?」とか考えます。あまりモノを増やしたくないんですよねー。デザインにもこだわっていて、ちょっと個性を出せる洋服を選ぶようにしています。人とかぶらないし、トレンドを考えずに長く着られるから。

あとは、同じような色味を選ばないようにします。コーデにバリエーションを持たせるために♪ 服は少なく、コーデの幅が広がるように厳選して買い物するのが私流かな。

マイナーな駅でお買い物

33歳・IT企業勤務

雑誌で見てカワイイなあと思った商品を購入しようとしても、渋谷、新宿、銀座など、都心部のデパートや百貨店は、サイズがなかったり、売り切れだったりすることも。

そこで私は、同じファッションブランドが入っている、少しマイナーな駅の店舗で買うようにしています。マイナーな駅のほうが、在庫がある可能性も高いし、やっぱり都心はお客さんが土日に集中しちゃうし。人混みの中で買い物するのは、それだけで疲れちゃいますからね。

都心まで行かなくとも、フッションブランドであれば駅ビル内にも店舗はいろいろあるし、そっちのほうが落ち着いてお買い物ができます。オススメですよ。

時差でZOZO利用

30歳・ベンチャー企業勤務

買い物が大好きで、よく服を買っちゃうんですが、ブランドによってはやっぱりそれなりのお値段がしますよね。で、その場で買わずに家でもう一回考えるんですけど、やっぱり欲しくなったりするんですよ……。

そういう時は、少し時間を置いて「ZOZOTOWN」で購入します。セール時期になると、欲しかった商品が値引きされていて、お得に購入できるんです!

また、先日は、1年前に買ったトップス(7000円)のデザインと着心地がよくて、リピ買いしたいなとZOZOで検索してみたら、半額で購入できました♡

他にも、今シーズンに欲しかったワンピースがわりと早めにセール価格になっていたり。夏モノなら1、2月くらい、店頭に並び始める時期から少しズラしての「ZOZOTOWN」チェックは使えるテクだと思います!

サンプル&メルカリ利用

29歳・IT企業勤務

わりと肌が荒れやすく、敏感なんですが、基礎化粧品などは、デパートの売り場でサンプルをもらって試してから購入に踏み切ります。もしくは、メルカリで安く出ているものを購入しトライします。

ネット上の口コミ評価が高いものや、友達が「コレよかったよ!」と薦めてくれたものでも、自分の肌に合うとは限らないので。

あ、メルカリ利用といえば、安くてワンシーズンだけ着るつもりで買った洋服も、最終的にはメルカリで売ります(笑)。メルカリは洋服も美容系の商品も気軽に売買できるから、ホントに使える!

海外ブランド指定なら通販もイケる

33歳・広告代理店勤務

ワンピとかドレスは海外ブランドものが好きだから「BUYMA」で買う。でも、必ずやるのは「ブランド指定」。ブランド指名で決めた商品はわりと失敗しないんです。

前に買った、イギリスのブランド、「Ted Baker(テッドベーカー)」の服はホントによかった! あと、20代の頃は「ASOS(エイソス)」とか安くてかわいいからよく買ってたなぁ。

ブランド品ではない、韓国の安い水着や洋服は、通販で買ってみて失敗しましたね。でも、ブランドをちゃんと指定すれば、失敗ナシに! 買物はホント面倒だし、後悔したくないのでぜひ!

必要に迫られて買わない

34歳・自営業

「来週パーティーに呼ばれてるから、白のパンツに合わせる白のジャケットが欲しい」とか、「この服に合わせる靴を買わなきゃ」とか、何かの必要に迫られて買うショッピングは一切やめました。

そういう買い物って、そもそも全然楽しくない。「今日、見つからなかったらどうしよう?」って焦るし、「あの店にあったAと、この店にあるBなら、Aのほうがコスパいいか」とか、自分が本当に欲しいかどうかとは別の基準で選んじゃうから。で、結局、ほとんど使わず妹にあげたり売ったりしちゃう。

だから、普段からホントに気に入って「一生、愛せる」と思えれば、即買うようにしています。すると長く使えるアイテムが揃い、持ち物のバリエーションも豊富になるので、「あれがない!」って必要に迫られて買うことがなくなりました。

賢くお得に買物を楽しもう♪

調査してみると、それぞれのお買い物テクが見えてきました。せっかくショッピングをするなら、失敗は避けたいところ。

みなさんも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

私の「失敗しない」買い物術! オトナ女子に聞いてみた

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
манометр

инфракрасный термометр купить