「バツイチ男子推奨」座談会【第2回】

離婚歴があることは“バツ“じゃない。バツイチ男子との恋愛のリアル

SHARE
離婚歴があることは“バツ“じゃない。バツイチ男子との恋愛のリアル

仕事だけじゃイヤ。プライベートで恋愛面も充実させたいけれど、「いい人がいない……」。そんなふうに嘆いている女性は少なくないよう。

パートナーに求める条件は人それぞれだけれど、「バツイチは無理」という声はチラホラ聞くような気がします。

でも、「バツイチ」ってなんでダメなの? 理由は何? 一度は失敗しているけれど、きっと彼らにも魅力があるはず……。

そこでDuniakita編集部では、バツイチ男子と結婚している、または交際している女性3人を集めて座談会を開いてみました。

恋のキッカケが明らかになった第1回に引き続き、第2回は、まわりの人の反応を探っていきます。

座談会に参加してくれたのは、こちらの3人。

所沢さん(仮名):大手広告代理店勤務/(33歳)/交際歴2年同棲中
清瀬さん(仮名):マスコミ/(34歳)/結婚1年目
江古田さん(仮名):IT企業勤務/(27歳)/結婚2年目

第1回:フツーの恋よりムズキュン度高め!バツイチ男子との恋愛
 

彼らの離婚原因でモヤモヤしないの?

——前回は、出会いについて詳しく聞いていきました。今回は「バツイチだから」という理由で障害がなかったのか伺っていきたいと思います。ではさっそく参りましょーーう!!!

それぞれバツイチ男子との交際が始まったわけですが、離婚原因を彼から聞いた時、どう思ったんですか? モヤモヤとかなかったんですか? 前妻が気になる……! とか! とか!

バツイチ2-1

清瀬:バツイチになった顛末がすごい面白かったんですよ。

——え。

清瀬:私は最初付き合うとも結婚するとも思ってなかったんで。人のそういう過去を聞くのってオモシロイじゃないですか(笑)。

——(うん、オモシロイのかな)

清瀬:それに、前の奥さんとのことは「完結した過去」として精算されてるってわかったし。気にならないですね。終わったことだし。結婚してたってこと自体は大丈夫。

——ちなみに前の奥さんのこと、知ってたりします!?

清瀬:知らないです。どんな人か興味はあるけど、自分から知ろうとして情報をとりに行かないほうがいい。

——ほう。それはなぜでSHOW!?

清瀬:情報がなければ「そんな女が日本のどっかにいる」って心をかき乱されずに済むから。

全員:(爆笑)!!!!!!

清瀬:彼から聞いた、「完成された離婚劇」がすべてです。気にしないから、「バツイチだからコイツはない」というふうに切り捨てることもなかったです。

所沢:うちは奥さんに問題があって、そのまま別居になったって聞いてて。それ以上は深く聞いてないですね。子どもがいるけど会ってないみたいだし。気にならないですね。

江古田:うちは性格の不一致って聞いてますね。

——はーなるほど。でも確かに婚姻歴のあるなしに関係なく、みんなそれぞれ過去に恋愛経験はあるし、元カノが気になるかどうかと同じようなもんですかね。知らないほうが心乱されずに穏やかでいられそうっていうのも、なんだか納得だなー。

ちなみに、付き合う前後って友達に恋バナ的に話したり、相談したりするじゃないですか! まわりの友人の反応はいかがでした!?

友達が背中を押してくれた

バツイチ2-2

江古田:私の場合は、友達に強引に背中を押されたからいけたんですよね。「おまえ、今いかないと絶対後悔するからな(男前)」って。

——(友達さん男前やな)

江古田:でも逆に反対派の友達もいて。

——え。そのお友達には何て言われたんですか?

江古田:「バツイチで18歳も歳の差があって、遊ばれてんじゃない?」って。旦那に最初にデートに誘われた時に、「行くべき派」と「行くべきではない派」の友達がいて、ハッキリ分かれちゃったんですよ。

で、結局「行くべき派」の友達の言葉を信じましたね。まあ、結局のところ自分もホントは行きたかったんですよ。でも、失敗したら「友達のせいにしよう(キッパリ)」って思ってました(笑)。

——(他力本願だな) 

ちなみに江古田さん、当時おいくつだったんですか?

江古田:22歳とか23歳くらいでしたかね。

全員:(驚)!!!!!!

所沢:そりゃあー18歳も年の差があって、「騙されてる!!?」ってなるわ!!!!(笑)

江古田:そう。私の友達は旦那さんと直接会ったことはなかったし、知らなかったけど、でも「絶対行け」って背中を押してくれましたねー。 

——反対派の友達もいたけど、背中を押してくれる友もいた……と。いやーーー、「バツイチ男子に対する世の中の印象は変わりつつある説」浮上ということですかね。いやー、いいことジャマイカ! いいことジャマイカ!!

離婚経験者はバツイチなんかじゃない。マルイチだ!

バツイチ2-3

所沢:最近あたしのまわりでは、離婚経験者は「バツイチ」じゃなくって「マルイチ」っていうんですよ。

——マルイチ!!!!!! 新しい!!! 斬新!!! ニュータイプ!!!!! なんか、こう、ジェネレーションの風が吹いてる!!!!!

所沢:離婚を経験してる人のほうがバリューが上がるって言われてますよ。あたしのまわりのバリバリのキャリアウーマンたちも最近はそう言ってて。離婚歴があることを「バツ」とは言わない。

——確かに「バツ」っていうワーディングがそもそもマイナスイメージ膨らませちゃってる感ある! 否めない!!

所沢:たぶん、今まで離婚歴がある人って男女ともにマイナスイメージがあって批判されがちだったけど、そこのカタチも変わってきてる。そういうのが浸透してきてるって感じるなー。むしろ40、50歳代で一度も結婚したことない男性のほうが危ないって話になる(笑)。

家族の反応も、めっちゃフツー

——なるほどー。NEWジェネレーションの風を感じたところでズバリお聞きします!!! 家族の反応はいかがでしたでSHOW!?

batuichi 2-5

清瀬:私が唯一ちょっと心配していたのは、母ですね。うちの母は専業主婦だったんです。もちろん離婚歴なし。「バツイチなの?」って不安がられたらイヤだなぁって心配してた部分があった。

——ほう。で、で!? 実際はどうだったんですか!?

清瀬:話してみると父は「あ、そう」って感じで、母からは「バツイチなんだあ。最近多いもんねー」って言われました。

——え。(めっちゃフツーやん)

清瀬:そのあとに、芸能ゴシップを聞くような感じで「離婚原因、教えて?」って母に言われましたけどね(笑)。でも結局両親は「あなたたちふたりが楽しければいい」って感じですね。障害もなかったです。

——なるほど……。意外と障害ってないものなんですね……。

ちなみに江古田さんは旦那さまをご両親に紹介する際に、反対されたりしなかったんですか? 年齢差18歳とのことですし……!

江古田:親がビックリしないように、段階的に計画しましたね(笑)。まず会わせる前にLINEで彼のプロフィールを伝えたんです。んで、その後に1回両親と彼と私の4人でごはんを食べに行って。結婚の挨拶はその次って感じでした。

——へえええー!!! でも反対はホントになかったんですか!?

江古田:両親はあんまり気にしてなかったですねー。「オトナになっておまえが考えて結婚した相手ならいい」って。「離婚してもいいんじゃない? 経験としていいんじゃない?」くらいでした(笑)。

ちなみに旦那の実家からは、帰省する時にすごく気を使われます。丁重に扱われるし、世代的に離婚したことが心配だったのか、すごく感謝される。彼の両親に「息子が迷惑かけてない?」って言われますよ(笑)。

私たちの場合は年の差があるのも大きいかもですね。

一番の障害は家具家電だった

——なんか……ここまで聞いてきて、想像以上に障害がなかったんですが、デメリット的なことってないんですか? ホントに何もなかったんですか!? これっぽっちもないんですか!!!

バツイチ2-4

江古田:んー……。あ、イヤな人はイヤかなって思うのは、家具家電は前から使ってるのが残ってる(笑)。

全員:(笑)!!!!
 
清瀬:確かに、ドライヤーあるな(笑)。しかも、ピンクの(笑)。

——ピンクのドライヤああああー!! 確実ジャマイカああーーーーー!!!

清瀬:確実なんですよ(笑)。夫は髪が短いから絶対ドライヤー使わないし。交際当初は、「いまだにあるなー」と思ってたけど、結婚を機に捨てました。
 
——みなさんメンタル部分より、物理的な部分ですか……。

いやー、人にもよるとは思いましたが、意外とバツイチ男子との恋愛ってハードルがないんですね。

次回はいよいよ「バツイチ男子の最大の魅力」に迫ります。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

離婚歴があることは“バツ“じゃない。バツイチ男子との恋愛のリアル

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
ссылка

микроскоп