30代女性の転職マーケット・ヒアリング調査(第2回)

30代女性の転職で求められる5つのスキル 採用現場のホンネを調査

SHARE
30代女性の転職で求められる5つのスキル 採用現場のホンネを調査

「経験はだいたい積んだし、そろそろ転職しようかな」と考え始める20代後半から30代前半にかけて。社会人としての経験も十分にあるし、面接でアピールできる実績もあるから、そんなに苦労せずに次も見つかるだろうと考えてしまいますが、実際のところはどうなのでしょう?

今回、Duniakita編集部では、Duniakitaユーザーのペルソナ「30代、女性、年収450万」という条件で、転職マーケットにおいてどのくらいニーズがあるのか、希望どおりの転職を叶えるためにはどんな戦略が必要なのかをキャリアコンサルタントから人事担当者までヒアリングして調べてみることにしました。

第2回は、30代女性の転職に求められるスキルや経験についてまとめました。

どんなスキルがあれば、転職を有利に運べるのでしょうか?

マネジメントスキルがあれば最強

第二新卒に比べて一気にこれまで蓄積したスキルや経験がシビアに見られるようになる30代の転職。第1回にも登場したリクルートワークス研究所の人材研究センター長・石原直子(いしはら・なおこ)さんによると、これがあれば有利というスキルがあるとのこと。

30代で特に有利なのが、マネジメント経験のある人ですね。日本では30代ですでにマネジメント経験がある人はかなり貴重で、ないのが普通。小さなチームであってもメンバーを率いてプロジェクトをやってきたという実績のある人であれば、人事担当者の目に留まりやすいと思います(リクルートワークス石原さん)」

ただ、実際のところ、マネジメント経験のある30代は少数派。マネジメント経験がまだない場合はどうすればいいのでしょうか? 石原さんによると、まだなくてもアピールの仕方によっては有利に運べることも。

「実際には、ほとんどの場合、『この人は将来優秀なマネジャーになりそうだな』というポテンシャルで採用することになります。たとえば、複数の利害関係者が絡みあう複雑な案件を担当したという経験があったりすると、『相手の言い分を聞ける』『相手の気分を害さないように主張できる』『論理的に考えて落とし所を見つけられる』『相手を説得できる』といったコミュニケーション能力のある人材と判断されるでしょう(リクルートワークス石原さん)」

とはいえ、面接でアピールの仕方を間違うと、「マネジャーのポテンシャルがありそうだ」と思ってもらえるどころか、逆効果になってしまう可能性も。

「こんな複雑な案件をやりました!こんなプロジェクトやりました!と面接でアピールするにしても、“自分話”になっていると、逆効果。『私が、私が』と成功談ばかり聞かされても鼻につくので、失敗談もきちんと話しておきたいですね。失敗談でウソをつくのは実は難しいですよね。だから、失敗した経験を話せる人は、採用側としては『この人、正直なんだな』と思えるのではないでしょうか(リクルートワークス石原さん)」

また、これまでの経験のアピールだけでなく、これからの希望もきちんとアピールすることが大事なのだそう。

「やはり今の時代、女性の管理職を増やしていきたいという企業は多いので、面接ではっきりと『マネジャーになりたいです』と希望を伝えられる女性は評価されると思います(リクルートワークス石原さん)」

持ち運びできるスキルセットは女性の味方

マネジメントに関すること以外では、これまでに身につけた経験やスキルをどのようにして自分の中に蓄積しているかも問われるようです。第1回でも登場した一部上場企業の採用担当者Sさんによると、

「30代になったから、このスキル、この経験を求めるということはないですね。うちの場合は経験から生まれたマインドみたいなものを、30代を採る場合は大事にしています。

私の場合、一番重視しているのは、20代のうちに蓄積してきた経験値を言語化して他のメンバーに伝承できるかどうかですね。これまでやってきたことを自分の中に留めないで、体系化してスキルとしてみんなと共有できる人は、どこでも活躍できる印象です。ただそういう人材はかなり貴重で、10人面接して1人いるかいないかですね(人事担当Sさん)」

また女性を中心に相談を受けてきたキャリアコンサルタントのTさんによると、

「やはり28歳、29歳くらいからスキルが求められてきますね。営業であれば、成績よりも、無形商材の経験があるかどうかとか、法人営業が得意かとか。女性の営業はとても貴重なのでスキルをうまくアピールできれば有利です。

また広報もベンチャーを中心に今すごくニーズがあると感じています。広報の場合も、メディアと強力なコネクションがある、SNSの運用や採用関係の広報もできるといった具体的なスキルがポイントになります。ベンチャーの広報は、会社の成長に合わせて広報の仕方を変えていかなくてはならないので、そのあたりの経験も有利に働きますね(キャリアコンサルタントTさん)」

アピールしやすい具体的スキルがあると有利なのは男女共通ですが、特に女性の場合、妊娠・出産のあとに効果を発揮することがあるといいます。

「持ち運びできるスキルセットがあると、30代女性の転職は有利ですね。たとえば、経理ならプロジェクトの実務経験があって原価計算ができる、税金計算まで一貫してできるといったスキルがあると、『この人にしかできない仕事』につながります。すると、仮に出産して時短勤務やリモートワークになっても、会社にちゃんと価値を提供できると判断します(人事担当Sさん)」

30代の転職を有利に運ぶためのポイントをまとめてみると、次の5つになりそうです。

【1】マネジメントの経験
【2】利害調整できるコミュニケーション力
【3】マネジャーをやりたいという意思表示
【4】自分の経験値をチームで共有するスキル
【5】持ち運びできるスキルセット

最終回となる第3回は、30代女性の転職に潜むワナについてまとめます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

30代女性の転職で求められる5つのスキル 採用現場のホンネを調査

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
читать дальше

источник