【オトナの恋愛失敗談】みんなが過去にやらかしたことを聞いてみた

SHARE
【オトナの恋愛失敗談】みんなが過去にやらかしたことを聞いてみた

仕事の達成感や充実感は自分をひと回りもふた回りも成長させてくれるもの。一方で、恋愛も仕事だけでは得られないものを与えてくれます。

若い時に失敗を重ねたからこそ、大人の恋愛ができるというもの。

そこで、みなさんが過去にどんな恋愛の経験をしてきたのか、「私の恋愛失敗談」をヒアリング調査してみました。

曖昧な関係をはっきりさせようとしたら…

32歳・マスコミ勤務

男性で、「付き合おう」って言わない人もいるじゃないですか? あれって「もう大人だから言葉なんか必要ない」みたいな空気がありますけど、結局あれは典型的なズルいタイプの男性だと思います。

29歳の頃に付き合っていた(付き合っていると思っていた)年上の彼は、週に3回電話をしてくるし、距離もつめてくるし、普段一緒にいることが多く、「言葉がない典型的な草食系男子なだけ」だと思い、私は付き合ってると思っていたんです。

でも、やっぱり不安になるし、将来のことを考えて、関係を明確にさせたいと思い、ある日、「私はあなたにとって何?」と思い切って聞いたら、「俺はお前の期待に応えられない」ってまさかの3秒後にフラれました。

冷静に考えると、彼にとって責任もない私たちの関係はラクだったと思うし、そんな曖昧な関係が1年以上も続いていて。そういうことを聞くのは、蜜月の時じゃないと終わりだなーと学びましたねー。ハッキリしない男性には要注意です。

自分の気持ちを無視して結婚に突っ走った

30歳・ベンチャー企業勤務

私の失敗談は、自分の中の違和感を無視して結婚に突っ走ってしまったことです。26歳の頃に付き合い始めた彼から、交際2年後にプロポーズを受けました。もともと彼は超真面目なタイプ。一方、私は好奇心旺盛な肉食女子で、超ワガママなタイプなんです(笑)。

プロポーズを受ける直前も、私が彼より仕事仲間との付き合いを優先しすぎじゃないかと大ゲンカしたり、そもそもの考え方が合わないなぁと感じたりする部分もたくさんあったんです。でも、仲直りしてプロポーズされたときは嬉しかったし、やはり当時は「大好き♡」って気持ちがあったので承諾してしまったんですよねー。

その後は、トントン拍子で結婚の準備を進めていたのですが……。彼は真面目なので、結婚するまでのお金のことや、挙式や入籍までの準備は計画的に余裕を持ちたいとのことで、結婚するまで1年ぐらい準備期間があったんです。しかし、その間に私がマリッジブルーのような状態になってしまい……。だんだん、「本当にこの人でいいのかな?」って思い始めるように。

そして、ある日些細なことでケンカを始めたときに、その気持ちを正直に話しました。今思うと、プロポーズされる前も「合わない」と感じている部分はあったし、もっと早くに別れる判断をすべきだったなと思います。

結局彼自身をひどく傷つけ、双方の家族にも心配と迷惑をかけてしまいました。オトナになった今、「好き」という気持ちだけで突っ走るのはよくないなと、反省しています。

彼の上司に、彼の目の前でナンパされた

28歳・客室乗務員

彼の出張に合わせて、地方へ行ったときのことです。彼の立場的に、私が一緒にいることが上司にバレたら非常にマズい状況でした。なので、ホテルやホテル周辺は並んで歩かず、芸能人のように距離をあけて歩き、2人でこっそりデートを楽しんでいました。

しかし、ある日事件が発生。それは、彼が上司や職場の仲間たちと飲みに行った日のこと。私は、別の友達と飲みに出かけていたんですが、帰り際に「今ホテルに戻ってるんだけど、いつ帰ってくる?」と LINEしても、彼は連絡に気づかず未読状態。

私は駅に着き、ホテルのエレベーターホールに向かうと、まさかのそこに彼と彼の上司、同僚の姿が……。その時は、「知らん顔していればきっと大丈夫……!」と自分に言い聞かせ、彼らと一緒にエレベーターに乗り込んだのですが、まさかの彼の上司が私に一言。「お姉さん! これから俺たちと飲みませんか?(笑)」……そう、彼の目の前で彼の上司にナンパされたんです。

その後、なんとか逃げ切ったんですが、「冷静になろう」と水を買いに自販機コーナーに行ったときに、運悪く再び彼の上司に遭遇。今度は一緒に連行され、彼らの飲み会に参加させられました。

結局彼と私のことは上司にバレませんでしたが、彼とはその日、大ゲンカ。なんとしてでもあの場は逃げ切らなきゃダメだったなと深く反省し、とにかくひたすら1週間ほど謝罪し続けました。

偶然が重なってしまったとはいえ、お酒による判断力の低下が招いてしまった失敗です。お酒はほどほどに……と肝に銘じました。

忙しい彼を追いすぎた

28歳・通信会社勤務

外資系金融企業に勤めている彼と付き合っていた時のことです。彼は普段は本当に仕事が忙しく、なかなか連絡ができなかったり、都内にいても会えない日が続いていたりしていたんですが、私は連絡がマメな人が好きなんです。とにかく彼に会いたくて、「最近調子はどう?今週会える?」「元気してるー?!仕事は大丈夫?」「会いたいよー!」なんてしょっちゅうLINEしてしまっていたんです……。

でも、多忙な男性って、ひとつのことしか集中できないんですよね。結局、「今は仕事に集中したいし、いつも寂しい思いをさせてしまっている」との理由でフラれました。

まぁ、「合わなかった」っていえばその一言に尽きるんですが、自分の都合ばかりで相手の状況や気持ちを思いやることが欠けていたなと反省しました。

ネグレクト彼氏だった

33歳・広告業界勤務

うっかり直属の上司と付き合ったことがあるんですが、一緒に住んでみると「ネグレクト彼氏」だったんです。家での会話は一切なく、職場で打ち合わせの時のみ話す……という気まずい関係に。あまりに会話がなかったので、飼っている犬を介して会話してました。

最後は私が耐えきれなくなり、家出をしたんですが、それについても彼はツッコんでこず。もちろん職場では会うので、相変わらず打ち合わせのときだけ会話をするっていう謎の終わり方でした。今思うと、彼の性格に問題があったんだと思うんですが、上司という関係性もあるし、もっと時間をかけてパートナー選びを慎重にするべきだったなと学びました。

恋愛はすべて失敗

32歳 外資系企業勤務

結婚がゴールではないけど、結局今までの彼と別れてしまっているので、恋愛はすべて失敗ですね……。そもそも私、「冷たい」って男性によく言われるんですよ。自分が大好きで、自分が一番だからかなぁ。ワガママなんですよね。あと、本気で人を好きになったことがないのかも。結婚したい願望はあるんですけど、一人でも全然生きていけますし。

ヒアリング調査により、いろいろ見えてきたオトナ女子の恋愛失敗談。

恋愛は相手ありきのことだから、うまくいかないことも多いもの。「恋愛がうまくいかない」と感じているのはあなたひとりではありません。失敗から学び、次に生かしていきましょう!

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

【オトナの恋愛失敗談】みんなが過去にやらかしたことを聞いてみた

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング