オトナの留学最新事情 第7回

海外留学、帰国後のメリットは? 30代は英語力より「自信」が武器になる

SHARE
海外留学、帰国後のメリットは? 30代は英語力より「自信」が武器になる

社会人5、6年目以降のアラサーから30代の女性の間で、海外留学を考える人が増えています。人生における大きな投資とも言える留学。語学の勉強はもちろんのこと、異文化理解や国際感覚など、得るものはさまざまです。

今回は帰国後の仕事への影響やメリットについて考えてみます。

英語を使わない業務でもプラスになる

留学

海外留学のEF(イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン)のマーケティングディレクターの伊丹麻衣子(いたみ・まいこ)さんによると、

「英語環境に身を置くことで、自信を付けて帰ってくる人がほとんどです。テストの点数では測れないコミュニケーション力や、ネイティヴの英語に対する慣れ、そして臆さず意見を述べる精神力など、日本国内では習得するのに何年もかかりそうなスキルを、スピーディに身に付けてくる。

これは必ず仕事にプラスになるでしょう。直接英語を使わない業務でも、留学という経験を達成したことで、働くことに自信を持てるようになるようです」とのこと。

仕事は課題設定とその解決の繰り返し。留学も自分自身に課題を与えるようなものです。ポジティブな影響が仕事に出るのもうなずけますね。

もちろん、目に見える形で仕事に変化が起きる事例もたくさんあるようです。

「英語力を求められる部署へ希望通り異動できたり、よりお給料のいい企業に転職できたり。外資系企業に転職をする人もいます」と伊丹さん。

近年は日本企業でも英語力の高さを昇給条件にしたり、採用活動で優先的に選ぶというような傾向が見られます。帰国後にキャリアアップできれば、留学に費やす額なんて安いもの。しっかり元が取れるどころか、場合によってはプラスになります。

まさに自己「投資」という言葉通り、社会人留学はリターンがほぼ確実な投資と言えそうです。

次回は、帰国後のメンタル面の変化について取り上げます。
 
(奥浜アリサ)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

海外留学、帰国後のメリットは? 30代は英語力より「自信」が武器になる

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング