脱毛エステ店が業務停止に 予約が取れなければ、返金してもらえるの?

SHARE
脱毛エステ店が業務停止に 予約が取れなければ、返金してもらえるの?

街中でよく見かける、脱毛エステの広告。格安で脱毛できるという宣伝文句に、「本当にそんなに安いの?」「予約はちゃんととれるの?」と疑問に思っている人も少なくないのではないでしょうか。

月額9500円のはずが17万円超の契約に

そんな脱毛エステ店に今月24日、消費者庁のメスが入りました。「エターナル・ラビリンス」を全国展開する「グロワール・ブリエ東京」(東京都港区)に対して、新規の会員勧誘や契約を9ヵ月間禁止する業務停止命令を出したのです。

具体的には、どんな被害があったのでしょうか?

朝日新聞デジタル(今月24日)によると、月額9500円で脱毛を受けられるという広告を載せながら実際には17万円を超えるコースを契約させたり、従業員や機器が足りないにもかかわらず「必ず予約が取れます」と事実と異なる説明をしたりしたとのこと。また、中途解約した会員への返金を拒むなど、特定商取引法に違反したそうです。

相談件数は今も増加中

今回のニュースを受けて、の弁護士吉岡一誠(よしおか・いっせい)さんは、「エステに関する消費者被害の相談件数は、従来から高水準で推移しており、弁護士への相談数も増えています」と話します。

相談内容は、「事前の説明とは異なる高額な施術代の請求を受けた」「不適切な施術により健康被害を受けたので損害賠償請求をしたい」など。実際には、医師ではないスタッフがレーザー脱毛を行い、やけどを負わせたケースもあったそうです。

予約がとれない場合、返金してもらえる?

もし、自分が入会したサロンで「予約がとれず、返金もされない」という状況になった場合どうすればいいのでしょうか。吉岡弁護士によると、「法的には、料金を前払いしているにもかかわらずサービスが受けられない場合、原則として中途解約をしたうえで返金を求めることが可能」とのこと。

しかし、業者が経営破たんして連絡不通になった場合は、返金されるケースは稀だそう。請求する権利はあっても、業者の経済状態が悪ければ、ない袖は振れないわけです。ただし、クレジットカードで代金の前払いをした場合、引き落としがされていない分については、カード会社に連絡すれば、引き落としを止められる可能性も。

美容に何かとお金がかかり始める30代。脱毛も安ければ嬉しいですが、「相場と比べて著しく安いものや、効果を断言する表現(「絶対」「永久」「必ず」など)には注意してください」と吉岡弁護士。サロン選びはくれぐれも気をつけて。

(編集部)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

脱毛エステ店が業務停止に 予約が取れなければ、返金してもらえるの?

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
у нас progressive.ua

у нас