手のひらの幸せ「送り火」

お盆に食べたい和菓子4選 京都「五山の送り火」にちなんだ名品たち

SHARE
お盆に食べたい和菓子4選 京都「五山の送り火」にちなんだ名品たち

京都在住の和菓子ライフデザイナー、小倉夢桜(おぐら・ゆめ)です。

8月に入り、京都ではお盆の行事があちらこちらの寺院で執り行われています。ご先祖様を迎えるために撞く「迎え鐘」が鳴り響く中、たくさんの灯籠に光がともされた光景は、「あの世」と「この世」の境のような非日常の雰囲気を醸し出します。

「五山の送り火」が京の街を照らす

8月16日には、京の夏の夜空を彩る風物詩、「五山の送り火」が行われます。

この世に帰ってこられたお精霊さんを、山にともした火を道標として迷うことなく冥界へ送る仏教行事です。この送り火の起源は謎が多く、始まりは平安時代とも、室町時代とも、江戸時代ともいわれます。

現在は五山に六つの文字がともされますが、過去には、「い」「一」「長刀」などのさまざまな文字が五山以外の京都の山々にともされていたそうです。

夜空に浮かび上がる送り火を見ながらお精霊さんとの別れを惜しむこの感覚は、京都に長年住んでいる方にしかわからない独特なものかもしれません。

今回の「手のひらの幸せ」は、この送り火にちなんだ和菓子をご紹介させていただきます。

「送り火」

送り火

送り火

送り火がともされると漆黒の夜空は、ほんのりと明るくなります。その様子を、こし餡と葛の間にブルーの寒天を入れて表現している和菓子です。派手になり過ぎないように、あえて葛の艶を消して落ち着いた雰囲気に仕上げています。

「大文字薯蕷」

大文字薯蕷

大文字薯蕷

山芋や長芋から作られる薯蕷(じょうよ)のおまんじゅうを山に見立て「大」の焼印を入れたお菓子です。この形だけで思わずどっしりとした雰囲気の山を想像してしまう、不思議な意匠です。

「山あかり」

山あかり

山あかり

「葛のお菓子といえば、やはりこれ!」と思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。オーソドックスな意匠ですが、なんと言っても力強い「大」の文字が心に残るお菓子です。

「遠山」

遠山

遠山

夏にはとても珍しい羽二重のお菓子。羽二重餅を寒天でコーティングしたもので、冷蔵庫で冷やしていただきます。実はこの「遠山」、私が和菓子職人さんに特別に試作してもらいついに完成したもの。残念ながら、一般の販売はしていません。

嵐山から東の方角を望むと遥か遠くに東山如意ヶ岳が見えます。その山にともされた「大」の文字を表現したものです。

今回は五山の送り火にちなんだ和菓子を紹介しました。他の地域の方からは、観光行事のように思われがちな送り火ですが、京都人にとっては、ご先祖様が無事に冥界へ戻られるための大切な行事。みなさんも和菓子をいただきながら、ふとご先祖様に思いを馳せてみてはいかがでしょう。

■店舗情報
ご購入の際は店舗までお問い合わせください。

「送り火」
店名:千本玉壽軒
住所:京都市上京区千本通今出川上ル
電話番号:075-461-0796

「大文字薯蕷」
店名:中村軒
住所:京都市西京区桂浅原町61
電話番号:075-381-2650

「山あかり」
店名:鶴屋吉信
住所:京都市上京区今出川通堀川西入
電話番号:075-441-0105

「遠山」
店名:聚洸
住所」京都市上京区大宮寺之内上ル
電話番号:075-431-2800

■「手のひらの幸せ」シリーズはこちら

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

お盆に食べたい和菓子4選 京都「五山の送り火」にちなんだ名品たち

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
ссылка

купить данабол