子どもの貧困率、日本は15.7%で国際平均超え 親子間の負の連鎖を断ち切るには

SHARE
子どもの貧困率、日本は15.7%で国際平均超え 親子間の負の連鎖を断ち切るには

貧困の連鎖を断ち切るには

OECD(経済協力開発機構)が今月発表した「よりよい暮らしの指標2015」で、日本の子どもの貧困が深刻な状態にあることが示されました。同調査によると、日本の子どもの貧困率は15.7%で、OECD加盟36カ国の平均13.7%を上回っています。経済的にも豊かであるはずの日本で、なぜ子どもの貧困率を減らすことができないのでしょうか。

親の経済力による教育格差

日本では義務教育制度のもと、すべての子どもに教育の機会が開かれています。今回のOECDの調査でも、日本の子どもは、教育を受ける権利を剥奪されることなく、高い学力を有し、創造性や問題解決能力に優れていると評価されています。

しかし、実際のところはどうなのでしょう。高校や大学、専門学校などに進学したくても、学費が払えないために諦めざるをえないという子どもは少なくありません。そうした子どもは職に繋がる知識や技能を得られず、低賃金の仕事を余儀なくされます。

また、奨学金を借りて進学した場合でも、卒業と同時に数百万円もの学費の返済が肩にのしかかります。海外では無償で大学に進学できる国もあるのに、日本の学費はあまりにも高すぎます。

残念ながら今の日本では、子どもの能力や希望とは無関係に、親の経済力によって教育の機会が左右されるというのが現実です。

貧困は親子間で連鎖する

貧困家庭で育った子どもは、職業選択の幅も限られ、大人になっても貧困から抜け出せません。貧困の負の連鎖は、親子間で続いていく傾向にあるのです。このことをOECDは「人生のスタート時から格差が生まれている」と指摘しています。さらに、家庭の経済状況は健康状態や成績、友人関係に影響を与え、人生の満足度までも左右するといいます。

特に貧困率の高いシングルマザー、共働きの家庭では、親が夜遅くまで働きに出ているケースも多く、夜間ひとりで過ごす子どもがいます。そうした環境では、深夜徘徊から犯罪に巻き込まれる危険性も高まり、また、必要なコミュニケーションを得られないことから、自信を喪失し、学習能力が低下するという悪循環が起こります。

ある子どもの貧困支援団体の例では、家庭で孤立する子どもを集めて一緒に食事をしたり、宿題を手伝ったりする活動を通じて、子どもが学習意欲を取り戻していく姿が確認されています。小・中の基礎学力が身に付かず、進学を諦めていた子も、支援団体のサポートにより学びなおす機会を得て、晴れて高校に合格したという話もあります。

貧困の連鎖を断ち切るには、教育支援とともに、子どもの生活支援も重要な課題となっています。同時に、働きながら子育てができる就労支援や、貧困に陥らないための雇用の安定化も行っていく必要があります。

DVも貧困の一因になっている

隠れた問題としてDVも、子どもの貧困に影響を与えています。子どものための無料学習支援団体「おおた女性ネット」の代表者、宗像さゆり氏は、自身も元DV被害者であったという過去をふまえ、DVがシングルマザーの貧困の一因になっている事実を指摘しています。また、DV家庭で育った子どもはその精神的ダメージから自己評価が低くなり、いつも恐怖や緊張におびえ、落ち着いて学習できない状態に置かれているといいます。

夫婦間や家庭内のトラブルだとしてDVを見過ごさず、被害対策や防止策、DVが及ぼす影響について、もっと認知を広げていく必要を感じます。(参考:より)

貧困は個人の問題と捉えられがちですが、子どもの貧困が親子間で連鎖していることを考えると、決して自己責任論で片づけられるものではありません。国際比較や家庭状況、教育との関連性から見ても、社会的対策が不可欠な問題であるといえるのではないでしょうか。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

子どもの貧困率、日本は15.7%で国際平均超え 親子間の負の連鎖を断ち切るには

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
人が回答しています