女性のイラストが「暴力的」だからダメ アメリカの学校でキャラ弁当箱が禁止

SHARE
女性のイラストが「暴力的」だからダメ アメリカの学校でキャラ弁当箱が禁止
アメリカの学校でキャラ弁当箱が禁止

より

アメリカで、ローラという女の子が持っていたコミックの女性キャラクター「ワンダーウーマン」の弁当箱について、学校から注意されたことが話題になっています。

スーパーヒーローは暴力的なキャラクター

アメリカのメディア『ピープル』によると、ワンダーウーマンのイラストが、暴力的なイメージについての学校の方針に違反しているため、学校側が彼女の両親に弁当箱の持ち込みを禁止すると通知したのだそうです。

学校からの手紙には次のように書かれていました。

「私たちが決めたドレスコードは、学校内に衣服(靴と靴下を含む)、バックパックや弁当箱といった、あらゆるファッションにおいて暴力的なイメージを持ち込まないことを求めます。暴力を使用して問題を解決する者は暴力的なキャラクターとみなします。スーパーヒーローは、確かにそのカテゴリに分類されます」

この手紙と弁当箱の画像が、写真ホスティングサービスImgurに掲載されると、「禁止するほどのことか」とネットで話題となり、ワンダーウーマンの実写版を演じた女優リンダ・カーターも巻き込んだ騒ぎとなりました。

日本ではキャラ弁を禁止する幼稚園や学校も

アメリカの学校でキャラ弁当箱が禁止

より

一方、日本で弁当と言えば「キャラ弁」が問題になったことがありました。

今年5月、内閣官房の公式ツイッターがキャラ弁を推奨するかのようなをしたところ、「多くの母親に多大なプレッシャーがかかる」などど、女性からの反論が殺到。

また、テレビ番組で、カンニング竹山がキャラ弁に対して「そんな人がこねくり回したもの食いたくねえよ!」と発言して、のちに謝罪したという騒動もありました。

実際、いじめやママ友同士の争いにつながるといった理由から、キャラ弁を禁止している幼稚園や学校もあるといいます。

キャラクター自体には罪はないのでしょうが、こと学校などの集団に持ち込むと問題になるのは、それだけ人の注目を集める存在だからなのかもしれません。

参考記事:

(リプトン和子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

女性のイラストが「暴力的」だからダメ アメリカの学校でキャラ弁当箱が禁止

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
人が回答しています