2019年はバレットジャーナルを始めよう! 使って便利なアイテム7選

2019年はバレットジャーナルを始めよう! 使って便利なアイテム7選

子どもの頃はお世話になっていた文房具。大人になるにつれて遠ざかり「メモや予定はデータ管理が中心」という人も多いのでは? しかし、文房具も日々進化を遂げていて、使い方一つで毎日の仕事の強い味方になってくれます。

文具プランナーでウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長の福島槙子(ふくしま・まきこ)さんに「気分も上がって仕事もはかどる」文房具を紹介していただきます。

第38回目のテーマは、海外で大人気となっている手帳活用術「バレットジャーナル®︎」です。2019年は、一冊のノートを好きなようにカスタマイズして、自分の生活スタイルに合った手帳を作ってみませんか。

【関連記事】バレットジャーナルって何? 話題の手帳術

バレットジャーナルといえば「LEUCHTTURM1917」

Bleistifte_DSC0557-2

BuJo_DSC0178

Bujo_DSC0491

はじめにご紹介するのは、ドイツの伝統ある文具メーカー「LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム)」のノート。バレットジャーナル®︎を考案したアメリカのデザイナー、ライダー・キャロル氏が公認しているバレットジャーナル®︎定番のノートです。

ページナンバーが書かれているので、目次ページをすぐに作ることができ、しおりも2本付いているのでひとつはマンスリーページ、ひとつはウィークリーページに使ったりとバレットジャーナル®︎用のノートとして活躍しそう。

ページレイアウトは「罫線」「方眼」「無地」「ドット」の4種類。カラフルな17色の展開なので、どの色にしようか迷ってしまいそうですね。こちらのシリーズとは別に、バレットジャーナル®︎専用に作られた「バレットジャーナル ミディアム」もあるので、これからバレットジャーナル®︎を始める人は比べてみてはいかがでしょうか?

商品名:ノート(LEUCHTTURM1917)
カバー色: 17色
価格:ミディアム(A5)が3132円(税込み)、ポケット(A6)が2160円(同)

商品名:バレットジャーナル ミディアム(LEUCHTTURM1917)
カバー色: 3色
価格:3780円(同)

フランスらしいキュートなデザイン!

集合

Shooting Quo Vadis - Stabilo - DEF - 8

Shooting Quo Vadis - Stabilo - DEF - 12

Shooting Quo Vadis _ def-4

働き女子に人気のフランスの文具メーカー「クオバディス」からもバレットジャーナル®︎向けの新シリーズ「ライフジャーナル」が登場。フランスらしいオシャレなカラーです。

フォーマットは、「ドット」と「インフィニット」の2種類。「インフィニット」には、目次ページやドット方眼のほかに、マンスリーフレームやウィークリーフレーム、フューチャーログなどのページが用意されているので、バレットジャーナル初心者にはこちらがおすすめです。

商品名:ライフジャーナル ドット A5(クオバディス)
カバー色:ブルーベリー、プルーン、ミント、ピーチ
価格:2,500円(税抜き)

商品名:ライフジャーナル インフィニット A5(クオバディス)
種類:ローズ、ラベンダー
価格:2,700円(同)

ラインマーカーを重ねてもにじまない!

サラサマークオン3本

文字がきれい

ノートとボールペン1本で始められるのがバレットジャーナル®︎のいいところ。しかし、筆記後にラインマーカーを引くと文字がにじんでしまったり、ラインマーカーのペン先が汚れてしまうのはちょっと残念。そこでおすすめしたいのが、ゼブラのジェルインクボールペン「サラサマークオン」です。

最大の特徴は、ラインマーカーで上からインクを重ねても、文字がにじまないこと。耐水性と紙への固着性を高めた特殊インクが採用されているので、文字を書いたあと約5秒でラインマーカーを使うことができます。見た目にもきれいなノートを作れるので、バレットジャーナル®︎と相性抜群です!

商品名:サラサマークオン(ゼブラ)
インク色:黒、青、赤
価格:150円(税抜き)

蛍光ペンなのにチカチカしない!

マイルドライナー追加色10本

マイルドライナー_バレットジャーナル6

マイルドライナー_バレットジャーナル22

マイルドライナー_バレットジャーナル1

ボールペンと一緒に使いたいのがラインマーカー。とはいえ蛍光色は目がチカチカして苦手……という人におすすめなのが目に優しい「マイルドライナー」。1本で太4ミリ・細1.0~1.4ミリの両用なので、マーキングだけでなく、イラストなどの細かい作業にも活用することができます。

色は10月に新色10色が加わって全25色に。SNSで人気なのがマイルドグレー。私も愛用しているのですが、バレットジャーナル®︎をオシャレに仕上げられるのでおすすめです。

商品名:マイルドライナー(ゼブラ)
インク色:全25色
価格:100円(税抜き)

毎日変わる日めくり付せんで賑やかに!

himekuri005

himekuri004

P1010979

バレットジャーナル®︎のノートに貼って、スケジュール帳や日記の日付として活用したいアイテムが、日めくり付せんカレンダー「himekuri」。卓上型の日めくりカレンダーなのですが、365日すべてに付せん加工が施されています。

2019年バージョンはサイズが一回り小さくなり、ノートに貼るのにちょうどいい大きさに。用紙の大部分にのりが付いているので、ペラペラとはがれることもありません。デザインは、ホワイトとグレーを基調としたシンプルなデザインのほか、全4種類を展開しています。

商品名:himekuri(be-on)
種類:himekuri、文房具、ねこ、colorkuni
価格:1,800円(税抜き)

こすると絵が浮かび上がる!

500615-m-02-dl

500615-m-03-dl

bulletjournal_06

手作業が好きな人におすすめなのがデルフォニックスの「フロッタージュシート」。フロッタージュとは、こすり出しという絵画技法のこと。凹凸があるシートの上に紙を重ねて鉛筆などでこすると、イラストや文字が浮かび上がるどこか懐かしいアイテムです。

数字やマンスリーのシートをスケジュールに使ったり、マークや人物などのシートを各ページのタイトルに使ったり、アイデア次第でデザインの幅が広がります。子どもの頃に戻った気分で、自分のノートを楽しくデコレーションしてみては?

商品名:フロッタージュシート(デルフォニックス)
種類:数字、マンスリー、マーク、パーティ、人物、花・トリ、ネコ
価格:380円(税抜き)

こすると消える大人のフリクション色鉛筆!

フリクションカラードペンシル[1]

最後にご紹介するのは、パイロットの「フリクション」シリーズの大人向け色鉛筆「フリクションカラードペンシル」。鉛筆後部の消去用ラバーでこすると、間違えた部分をきれいに消すことができるほか、消したときにゴミが出ません。

全24色の色鉛筆ですが、一本から購入することが可能。さきほどご紹介した「フロッタージュシート」と一緒に使いたいアイテムです。

商品名:フリクションカラードペンシル(パイロット)
芯色:全24色
価格:150円(税抜き)

まきの一言メモ

バレットジャーナルは去年の後半からじわじわと話題になり始め、今年になってSNSを中心に一気に広がったノート術です。文具好きの間だけではなく、ノート術やビジネスハックに関心がある層の人たちも注目しています。まずは、お気に入りのノートを一冊用意して、気軽に始めてみてはいかがでしょうか?

SHARE Facebook Twitter はてなブックマーク lineで送る

この記事を読んだ人におすすめ

バレットジャーナルって知ってる? ノートとペン1本で始められる話題の手帳術

この記事を気に入ったらいいね!しよう

2019年はバレットジャーナルを始めよう! 使って便利なアイテム7選

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
www.profvest.com

www.ry-diplomer.com/udostoverenie-o-povyshenii-kvalifikacii

best-cooler.reviews/