ずんずんの女のカイダン 第7回

稼いでも口座残高ゼロ…「貯められないガール」が本当に恐れているもの

SHARE
稼いでも口座残高ゼロ…「貯められないガール」が本当に恐れているもの

「女のカイダン」
の連載一覧を見る >>

きゃーっ! 女性の悲鳴が今夜も聞こえてきました。彼女はどうやら通帳残高を目にして叫んでいるようです。頑張った時のご褒美や、自分への投資にお金を遣うのは大事なことですが……。貯金ができないこの女性、一体何が原因なのでしょうか? ずんずんさんが解き明かしていきます。

お金はどこに消えていくのか

ちゃんと貯金してますか?

と言われると、一部の人はズキリと胸が痛むかもしれません。

ちゃんと働いてるんだけど、お金が貯められない……。
ちょっと貯まるとすぐに使ってしまう……。
一体何にお金を使ってるかわからない……。

あなたの周りにそんな「貯められないガール」はいませんか?

多くの人は浪費してしまうと、「こんなに使っちゃった……どうしよう……」と落ち込んでしまいますよね。それで、来月は節約しようとかいろいろ考えると思うんですが、上級「貯められないガール」は違います。

「だって私、お金貯められないんだもーん☆ 稼ぐ方をがんばるよー☆」

などと、自分の浪費癖に対して、見事な開き直りっぷりを示してくれます。

口座残高はゼロ or ちょっと

私の友人のCちゃんもそんなひとり。彼女は30代、独身で銀行に勤めています。お堅い職業ですからしっかり貯金をしていると思いきや、実際のところは、彼女の銀行口座の残高はいつもゼロ付近を行ったりきたりしています。

何にそんなにお金を使ってしまっているかというと、ずばり「自分磨き」なんですね。

将来に必要と考えて資格の専門学校に通い、仕事に必要だからとゴルフスクールに行き、教養として必要だからとワインスクールにも通って思わずソムリエ資格まで取っちゃったり……先日は結婚したいと結婚相談所に登録して、ネイルにエクステ……はあはあ、息切れしてまいりました。

こんなふうにCちゃんは、お金が貯まってくるとちょっと大き目な金額を使って自己投資しちゃうんですね。

そんなCちゃんの悩みは不眠症でして、30過ぎて貯金がほぼゼロだったら。

そりゃ寝れんわ。

と突っ込まざるを得ません。

Cちゃんは将来のために将来のためにと、自己投資していますが、ちょっとやりすぎなところが否めません。

お金は自分のために使いたい

こんなCちゃんが過剰に自己投資をしてしまうには、実はちょっと悲しい理由がありました……。

Cちゃんは3人兄弟の真ん中で、上にお兄ちゃんと妹さんがいます。この3人の中でCちゃんが一番給料が高い、つまり稼ぎ頭なんですね。

上のお兄ちゃんは、ちょっと気が弱いのかいつも変な契約を結ばされてしまい、月に保険料を20万円ぐらい払っています。正直にいいましょう、わけがわかりません。

そして、妹の方はあんまり働きたくないのか、仕事をすぐやめてアクティブに無職になるタイプです。

大人なんだからそんなの本人たちの勝手でしょ、と言いたいところですが、ここで困ったのはお母さんなんですね。

子どもたちを心配したお母さんは、この二人にお小遣いをあげちゃうんです。

なんてうやましい……。

しかし、お小遣いをあげてしまうと今度はお母さんのお金がなくなってしまいます。すると、今度はお母さんが稼ぎ頭であるCちゃんに「カネ、オクレ」と電話してくるわけでして……。

Cちゃんはブチ切れまくりです。

Cちゃんは一生懸命働いているのに、お母さんは兄妹を甘やかしまくりなのですから、キレるのも無理はありません。

そして、Cちゃんはある悟りにたどりつくのです。

そうだ! お金がなければお金を渡さなくて済む!

とんでも理論ですが、確かにお金がなければ渡さなくて済みますね……。

しかし、ムダなことにはお金を使いたくない……というわけで、Cちゃんは自己投資にお金を使うことにしたのです……。

いつか奪われる恐怖への立ち向かい方

自己投資は全然悪いことではありません。むしろ、積極的にやるべきだと思いますが、貯金できないぐらい自己投資してしまうのはやりすぎです。

Cちゃんを支配しているのは「いつか奪われる恐怖」なんですね。

お金を貯めても貯めてもいつか誰かに奪われるんじゃないか、とおびえているんです。だから「そうなる前に自分を守るために使わなきゃ!」と考えているんです。

この恐怖に打ち勝つのは簡単です。

「断る勇気」です。

お母さんにお金が欲しいと言われても、「それはできない」と言う勇気です。自分にも将来があると伝えることです。

お金を渡したりすることが「子どもとしての義務」と考えているから、義務を果たせない自分がつらくなり、そのためにお金を持たないことで逃げようとしているんです。

本当にすべきは、「嫌なことにはNOと言う」「自分のことを考える」の2つです。

そうすれば、ちゃんと自分のためにお金を貯められるようになるはずです。

さてはて、そんなCちゃんですが、なんでもお兄ちゃんはお金持ちの女性と結婚して、妹さんはこれまたお金持ちと結婚することになるという奇跡が起こり……お母さんからのお金の督促はなくなったそうです。

そこで、将来に残せるものを購入したいと先日大枚はたいて頭金を出し、マンション購入の契約をしたそうですよ。その支払いでまた口座残高はゼロになってしまったようですが……。

くわばら、くわばら。

この連載をもっと見る

女のカイダン

仕事、お金、人間関係、恋愛、結婚……。「きゃーっ!」未来を憂いて今日も聞こえてくる女性の悲鳴。元外資系OLで、コラムニストのずんずんさんに、女性の前に立ちはだかる”恐怖”や”不安”の本質を解き明かしていただきます。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

稼いでも口座残高ゼロ…「貯められないガール」が本当に恐れているもの

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング