ナイトブラつけてる? 睡眠の質をあげるなら“バストの休息”に注目【睡眠と下着に関する調査】

SHARE
ナイトブラつけてる? 睡眠の質をあげるなら“バストの休息”に注目【睡眠と下着に関する調査】

家に帰ったら、ブラジャーを外してリラックスしたい。でも、ノーブラで眠るとバストが垂れてしまいそう……。そんな不安を感じたことはありませんか?

このたび、下着メーカーのワコールは、20代から50代の女性を対象に、「睡眠と下着に関する調査」を実施しました。

その結果、5人に1人が、睡眠時にバスト自体も寝返りと共に動いたり、仰向けに寝ると左右に広がったりしてバストが快眠の妨げに感じているとわかりました。

バストの休息が睡眠の質に影響

main

「就寝時に自分のバストが邪魔だと感じることがあるか」という質問に、約5人に1人にあたる、22.0%が「邪魔だと感じたことがある」と回答しました。

sub1

また、バストが邪魔だと感じる人の中から176人に、「全体的な睡眠の質に満足しているか」聞いたところ、54.5%が「満足していない」と答えました。

使用者の満足度が高いナイトブラ

sub4

次に、夜寝る時用のブラジャーである「ナイトブラをつけているかどうか」を聞くと、約7人に1人の15.4%がナイトブラを「つけている」と回答しました。

sub5

さらに、ナイトブラをつけているという3087人に満足度を聞くと、約6割(58.5%)が「満足」だと回答。ナイトブラを着用している人は少ないですが、使用者の満足度は高いことが明らかになりました。

ナイトブラの使用者はアクティブ派が多い

sub6

800人を対象に、ナイトブラをする派、しない派で日常生活を比較したところ、「毎日が楽しいかどうか」という設問に、ナイトブラをする派の54.1%が「あてはまる」と回答しました。一方ナイトブラをしない派は51.1%が「あてはまる」と回答。

同様に、「毎日アクティブに過ごしている」(ナイトブラする派41.3%、ナイトブラしない派37.5%)、「毎日の生活に満足している」(同53.1%、49.1%)など、いずれもナイトブラをする派の方が高い傾向が見られました。

バストを意識的に休ませることも大事

快適な眠りのために必要なことはどんなことなのでしょうか?

被服生理学の第一人者・田村照子さんは「ここちよく眠るためには、心とからだを『動』から『静』に切り替えることが大切です。アロマをたく、パジャマに着替える、眠りに入るための音楽を聴く、などの一連の動作、行動は、脳を日中の交感神経優位、『動』つまり『緊張』状態から、睡眠に必要な副交感神経優位、『静』つまり『リラックス』状態へとスイッチするきっかけになります」とアドバイスします。

また、バストの休息について「若い女性は胸が大きかったり、月経サイクルで乳腺に痛みが出たりするとき、閉経後の女性は胸がやわらかくくずれやすくなるため、眠るときに胸も意識的に休ませる、という発想が大切なときがあるかもしれません。夜、眠るときのバストの動きや位置、また摩擦が気になる方は、バストをゆっくりと休ませてここちよく眠るための選択肢の一つとしてナイトブラを取り入れてみるのもよいでしょう」と話しています。

■調査概要
地域:全国
調査対象:プレ調査…全国の20代〜50代の女性20,000人/本調査…全国の20代〜50代の女性800人
(ナイトブラする・しない、入眠儀式する・しない 各200人ずつ年代に50人ずつ割付)
調査時期:2017年4月21日(金)~23日(日)
調査方法:インターネット調査

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ナイトブラつけてる? 睡眠の質をあげるなら“バストの休息”に注目【睡眠と下着に関する調査】

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
полотенцесушители водяные

полотенцесушитель купить киев