「結婚しなくても幸せになれるこの時代に…」 CMに込めた思いは?『ゼクシィ』編集長に聞く

SHARE
「結婚しなくても幸せになれるこの時代に…」 CMに込めた思いは?『ゼクシィ』編集長に聞く

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に私は、あなたと結婚したいのです。」

4月21日から全国で放送を開始した結婚情報誌『ゼクシィ』(リクルートマーケティングパートナーズ)のCMのキャッチコピーがネットを中心に注目を浴びています。

多様性が当たり前になりつつ世の中で「結婚」に対する価値観も人それぞれ。これまで「結婚ってするもんだよね」「結婚の形ってこういうものだよね」と多くの人が共通認識として持っていた価値観も変わりつつあります。

そんな時代にあって、「結婚」を”ウリ”にしている同誌が「結婚しなくても幸せになれるこの時代」と言い切ったことが話題になっています。

ゼクシィ編集長の平山彩子さんにCMに込めた思いを聞きました。

『私は、あなたと結婚したいのです』風船編のシーン

『私は、あなたと結婚したいのです』風船編のシーン

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に…」

『ゼクシィ』のCMは「美少女タレントの登竜門」とも言われ、同CMに出演するCMガールは毎回話題になります。記念すべき10回目となる今回は、CMガールをモデルで女優の佐久間由衣さん、そのパートナーをモデルで俳優の清原翔さんが務めています。

新CM「『私は、あなたと結婚したいのです』風船編」は「70億人が暮らすこの星で結ばれる。珍しいことではなくても、奇跡だと思った」という新婦のナレーションからスタート。

バルーンにつかまり宙を舞うウエディングドレス姿の新婦とタキシード姿の新郎。泣きそうになりながらも喜びにあふれた、なんとも言えない表情になった新婦が「結婚しなくても幸せになれるこの時代に私は、あなたと結婚したいのです」と決意の言葉を結ぶという内容です。

なんとも表情

ゼクシィ編集長平山彩子さん「幸せのかたちも多様化」

話題のCMに込めた思いについて平山編集長は「たくさんの人の中からふたりが出会い、一緒に生きていきたいと決める。そして見守る人々がそんなふたりを応援する。とてもシンプルで幸せなできごとを、まっすぐに届けたいと考えました」と話しました。

ネットではCMの”多様な生き方”を踏まえた部分を中心に共感の声が。「誰の生き方も否定していない」「結婚も結婚しないことも比べていない」「どちらも否定していない」と支持が集まっています。

「リクルートマーケティングパートナーズ」の広報担当者もCMの反響について「現在結婚されている方からも『このCMをみて、改めて一緒になってよかったと思いました』というお声をいただいており、たくさんの方々に共感いただけたこと、大変うれしく感じております」とコメント。

平山編集長は「多様な生き方が当たり前になり、幸せのかたちも多様化しています。そのことをきちんと感じながら、結婚による幸せを応援していきたいと考えています」と話しています。

(Duniakita編集部・堀池沙知子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に…」 CMに込めた思いは?『ゼクシィ』編集長に聞く

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
узнать больше

у нас