2017年にはやるファッション、すべて教えます!

ピンクの服が苦手なオトナ女子に 2017年は「似合うピンク」が見つかる年

SHARE
ピンクの服が苦手なオトナ女子に 2017年は「似合うピンク」が見つかる年

「今年はやってるもの」は、どうすればわかるの? 毎号の雑誌から見つけるのは面倒だし、街を歩いている人を見て気づくのは遅すぎるし……。プロがまとめて教えてくれたら、助かるのに!

2016年12月31日に刊行されたムック本『2017年、これがはやる』(ダイヤモンド社)では、女性がひと目見てファッショントレンドをつかめるように、スタイリスト、接客アドバイザー、ファッションライター、ファッション・ショップアドバイザーのプロ4人が集まり、今年絶対にはやるものをピックアップ。編集者を担当した中野亜海(なかの・あみ)さんに、今年のマストバイアイテムについて聞きました。

今年は「自分にあうピンク」が見つかる年

photo1s

2017年に注目すべきアイテムは二つあります。一つはピンク。これは絶対にはやるので要チェックです。

ピンクと聞くとかわいらしい印象なので、オトナ女子は「イタくならない?」と不安になりますよね。でも、今年のピンクは、正確に言うと、サーモンピンクやショッキングピンクといった明るい色ではなく、ベージュっぽいピンクやグレーがかった「モーブピンク」です。この色は、大人っぽいので、「かわいい」という印象にはなりません。むしろ、さりげなくセクシーさが漂う魔法のピンク。そういう色がお店にたくさん並ぶので、普段ピンクに興味がない人も、「自分のピンク」が探せるチャンスです。

黄味のかかったピンクは、一見ピンクには見えないため「甘さ控えめ」に身につけられる。

黄味のかかったピンクは、一見ピンクには見えないため「甘さ控えめ」に身につけられる。

まずおすすめするのは、ベージュっぽいピンク。これは誰にでも合うし「落ち着き感」があるので、年齢を考えずにチャレンジできます。この色のすごいところは、たとえレース素材のトップスで選んだとしてもイタくならない点。ベージュを着る感覚でコーディネートすればいいので、簡単です。同系色の茶色と合わせてミルクティーっぽい雰囲気にしてもいいし、白やグレーとも合いますよ。

モーブピンクはこんな色。下半身に取り入れるのが正解。

モーブピンクはこんな色。下半身に取り入れるのが正解。

もう一つのおすすめなのは、青みが入ったピンク。こちらは着る人を華奢に見せてくれます。ただし、必ず顔から離したボトムや靴などで取り入れてください。肌が白い人は顔の近くでもいいのですが、それ以外の人は肌がくすんで見える恐れがあります。顔から離すと安心して着られます。

どちらの色も、一番オトナ女子と相性がいいのは黒の革。甘×辛になって「センスいい女性」になります。夏なら革のブレスレットやリュックなどと合わせるといいですね。革がなければ、カジュアルアイテムと合わせましょう。今年はロゴTもはやるので、カジュアル×フェミニンで合わせると、大人の抜け感を演出できます。

photo4s

デニムは手持ちのものを活用してもOK

今年のマストバイアイテムの二つ目は、デニムです。デニムが今まで以上に大流行します。しかもデニムさえはいていれば、どんな色でも形でもよく、簡単に今年っぽくなれるので、手持ちのデニムをどんどん使ってください。

もし今年一着買うなら、まず一番のおすすめはガールフレンドデニムです。前回もお話ししたように、「ジャストサイズ」なので、コーデに投入するだけで、緊張感のある着こなしができるというのが理由ですね。去年まではリラックスムードが流行だったので、太めのボーイフレンドデニムを持っている人もたくさんいるかと思いますが、実はあれは、足が太く見える危険アイテム。シルエットの流行が去ってしまったので、ダサく見えてしまう可能性もあります。今年っぽくアップデートするならガールフレンドデニムがベストですね。

足先に向かって細身になっているのがガールフレンドデニムの特徴。ユニクロのデニムも形が素敵。

足先に向かって細身になっているのがガールフレンドデニムの特徴。ユニクロのデニムも形が素敵。

ワイドパンツは去年はやりましたが、デニムにもこの傾向は流れてきます。今年はレトロのブームも来るので、レトロっぽいコーデにするにはこのワイドパンツが便利。選び方は丈にポイントがあって、今年は足元がチラ見えする9分丈か、フルレングスがおすすめです。

スキニーを買うなら断然ブラック。これ一本で、クールでかっこいい着こなしができるようになります。ブルーだとどうしても女性っぽくなってしまうので、フェミニンアイテムと合わせると甘すぎてしまうからです。ちょっとクールに着こなすというのが今年っぽさなので、引き締める力のあるブラックは1本持っていると重宝しますよ。

photo6s

私もいくつかデニムを買いたいなと思っていて、すでにブラックスキニーは購入しました。使い回しもきくし、スタイリッシュに見えるから、なんだかんだ言って一番使えそうです。WHEIR Bobson(http://wheir.jp/#home)ですでに購入しました。形がとてもきれいで、しかもものすごく伸びるんですよ! 履きやすいので一目ぼれです。

デニムは必ず試着して、自分に合うかどうか試してみてくださいね。ブランドはリーバイスもいいですし、ユニクロも形がきれいなのでおすすめです! 今年は本当にどのブランドからもデニムがたくさん出るので、どこに行っても素敵な形があると思います。自分のお気に入りを見つけてみてくださいね。

写真:池田真理

(薮田朋子)

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ピンクの服が苦手なオトナ女子に 2017年は「似合うピンク」が見つかる年

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
здесь

здесь