「LGBTの人々には、サービスの提供を拒否していい」米南部の州で差別的法律が可決

SHARE
「LGBTの人々には、サービスの提供を拒否していい」米南部の州で差別的法律が可決

2015年、連邦最高裁判所が「同性婚は合法」と認めた自由の国・アメリカ。しかし今、「ゲイやトランスジェンダーの人たちにサービスの提供を拒否してよい」という差別的法律が南部の州で可決され、大変な物議を醸している。

「宗教の自由」を逆手にとった差別

アメリカでは、国レベルの法律の最高権威として最高裁があるが、州レベルの法律は各州ごとに細分化されている。例えば銃規制法にしても、カリフォルニア州では銃許可証があっても人目につく“むき出し”の状態での銃携帯を禁じているが、テキサス州では許されている。

ゲイやトランスジェンダーの人々に関する法律も、国と州、州と州の間で差がある。例えば、婚姻の合法性は国レベルで認められている。ところが、「Red States(赤の州)」と呼ばれる保守層が根強い南部の州は、同性婚合法化の最高裁決定を不服とし、いかにこれを合法的に回避するかに躍起になっているのだ。

そこで彼らが打ち出した見解は「宗教の自由」を逆手にとった驚くべきものだった。

「ゲイやトランスジェンダーは神への背信」

アメリカで保守派といえば、大概が敬虔なキリスト教信者。なかには「地球温暖化を信じるのは神への冒涜」という主張を繰り広げる者もいて、そういう人々は同性愛に関しても「ゲイやトランスジェンダーは神への背信」という見解を振りかざしている。こうした立場を貫こうとする人たちが、社会の少数派に留まるどころか、立法する側にもたくさんいるため話がややこしくなっているのだ。

ゲイカップルからのウェディングケーキ注文を拒否

同性婚が合法化されて間もなく、コロラド州のあるケーキ屋が、同性婚カップルからのウェディングケーキの注文を拒否するという事件が起こった。コロラド州には「人種や性による差別を禁じる」という反差別法が存在するにもかかわらず、だ。このケーキ屋の主人は、米国憲法第1条を振りかざし、「自分の信仰(キリスト教)を重んじ、宗教の自由を行使し、同性婚をした人々とビジネスすることを拒否する」権利を主張。この権利の合法性を、国の最高裁で争うつもりだと主張している。

このウェディングケーキ論争は、小さな火種がガソリンに落ちたかのような勢いで一気に燃え上り、ものすごい勢いで広がっていった。「宗教上の理由で同性婚者とビジネスすること、あるいは協力することを拒否する」権利を掲げた結婚式場、養子縁組機関、はては医療機関などが続々と出現したのだ。

セレブや映画業界は猛反発

映画やテレビの撮影現場を提供することで州の経済が潤っているジョージア州は、この州法を可決する段になって、大手映画スタジオやセレブたちからの猛反撃に遭い、結局可決には至らなかった。

だが、どこの州でも同じことが起きるとは限らない。ノースカロライナ州では「宗教上の理由で同性婚者とビジネスをすること、あるいは協力することを拒否する」権利が法的に認められた。続いて南部のご近所州ミシシッピーでも同様の州法が可決された。

ビジネスの取引やサービスの提供を拒否してよいということは、命が危険にさらされる可能性もある。例えば、ゲイの男性が心臓発作に見舞われたとしよう。運び込まれた病院でこの「権利」が主張されれば、死にかけている彼が追い出される事態も起こりうるのだ。そう考えると、この状況は人命に関わる問題に直結してくる。

同性婚カップルの赤ちゃんも被害に

実際にテキサス州では、すでに“被害”が出ている。

オースチンに住む同性婚カップルのロビン&リー・ジョージソンさんは、リーさんの卵子と第三者の精子提供による人工授精で赤ちゃんを無事出産。喜々として出生届を出しに行くと、役所から「同性婚カップルの子どもは認められていない」と拒否され、赤ちゃんは姓を持てない状態となった。幸いこの問題を発端に、テキサス州では法が整備され事なきを得たものの、アメリカではまだ多くの州でLGBTの人々が基本的人権のレベルで不当な扱いを受け、戦っているという現実がある。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

「LGBTの人々には、サービスの提供を拒否していい」米南部の州で差別的法律が可決

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
人が回答しています
еще по теме

еще по теме