ある日突然、あなたもジャニヲタに…?! 世の中のジャニーズ好きをタイプ別に大調査

SHARE
ある日突然、あなたもジャニヲタに…?! 世の中のジャニーズ好きをタイプ別に大調査

ジャニーズを好きになったキッカケは?

今まで1ミリも興味がなかったのに、ある日突然ものすごく気になる存在になってしまう……。それは身近な異性に限らず、アイドルも同様。

Duniakita世論が行ったジャニーズに関するアンケートからは、ファンの様々な傾向が見えてきました。

    【アンケート】ジャニーズに好きなアイドルはいる?

※サンプル数:1,539人(2015年6月30日現在)
※Duniakita世論調査結果より(投票結果は)

ジャニーズを好きになったキッカケは?

<アンケート結果>
「いる」・・・・・84%
「いない」・・・・・16%

このアンケートはNEWSに関する記事に紐づいて掲載していたこともあり、NEWSファンからのコメントが目立つものの、それ以外にも興味深い回答が寄せられていました。その中からいくつかのタイプに分けてみたいと思います。

    担当一筋から、事務所担まで

ラジオなどでファンの方からのメッセージを聞いていると、「幼稚園の頃からずっと好きです」というエピソードが聞こえてくるのも珍しいことではありません。

・10年以上、亀梨一筋(≧∇≦)
・高1でファンになってから、気付けばNEWSとのお付き合いも10年。彼等は強いと思います。悲しいことが沢山あったのに、昔から応援歌を歌ってくれる。そして、周りに凄く愛されいてるグループなんじゃないかなと思います。

10年単位で好きという一途な想いを貫く人も多く、中には「錦織一清ひとすじ!」のように、デビュー当時からのファンという担当歴の長さを想像させる声も寄せられました。

また、一人をずっと応援する人もいれば「昔からジャニーズのアイドルに勇気をもらってきたから!」のように、ジャニーズタレントのみんなが好きというDD(誰でも大好き)という人も珍しくありません。他ジャンルには目もくれず一貫して「ジャニーズの世界が好き」という人が多いのも特徴です。

    選べない! グループ全員が好き、そして掛け持ちへ

・最近、4人になった1番最初のDVDの評判があまりにもよく興味で観ました。本当に涙…涙…涙。それからですが、新生NEWSを応援してます。4人とも大好きです。
・昔のNEWSを知らないけど 4人でのNEWSから好きになりました。

友達から聞いた評判や何かのきっかけで、他の担当も掛け持ちするケースもあります。ちなみに「同担拒否」や「掛け持ち拒否」というポリシーを持つ人もいて、同じ人を好きな人や別のグループを掛け持ちしている人に対しての理解はありませんという意味です。

    ジャニーズファンは突然に…

ジャニーズに対して、初めからいいイメージを持っている人ばかりではないのも事実ですが、中にはこんなケースも。

・昔はジャニーズなんて!って思ってたけどJr.時代の小山君に一目惚れしてから人生変わりました♪ 今も変わらず小山君とNEWSが大好きです‼

「テレビをぼんやり見ていたらいつの間にか気になる存在になっていた」「落ち込んでいたときに、すっと心の隙間に入り込むように寂しさを埋めてくれた」など、何をきっかけにハマるかは人それぞれです。しかし、想像を上回るパフォーマンスやイメージにない自虐的なおもしろさがあるなど、ビジュアルだけではない“何か”によって、偏見のようなものを一瞬にして崩すパワーがあるのもジャニーズ。

実は無意識のうちに蓄積していたインプットが溢れ出たり、はたまた雷に打たれたかのように豹変したりするのもよくあること。スイッチが入る瞬間は突然やってきます。

・最初私もジャニーズには否定的でした。しかしたまたま見たテレビでKAT-TUNのメンバー脱退のニュースで残ったメンバーが真剣にコメントを言っているのをみてKAT-TUNやジャニーズの見方が変わりました。ジャニーズファンではありませんがKAT-TUNを応援しています。

ファンにとっては辛いメンバーの脱退。特に複数人の脱退を経験したKAT-TUNとNEWSは、困難を乗り越えた過程や物事に対する姿勢や人間性がよく見えたこともあり、ファンが増えるきっかけにもなっていました。

    あなたの身近にもジャニヲタが

ほかにも歌声やダンス、番組出演した際の何気ない一言によって何度も心を打たれます。長年のファンが多いのも、常に成長や進化があるからといえます。

ときどき多方面から辛辣な声も聞こえてきますが、それだけ認知されていることの証。ジャニーズの話題をふれば老若男女問わずなんらかの会話が生まれるのもジャニーズのすごいところです。

他人の目を気にしてか、ファンであることをカミングアウトできずにいる人も少なくありませんが、打ち明けてみるとかなりの確率で身近にいるのがジャニヲタさんかもしれません。

この記事を読んだ人におすすめ

この記事を気に入ったらいいね!しよう

ある日突然、あなたもジャニヲタに…?! 世の中のジャニーズ好きをタイプ別に大調査

関連する記事

編集部オススメ

仕事と恋愛、キャリアとプライベート、有能さと可愛げ……女性が日々求められる、あるいは自分に求めてしまうさまざまな両立。その両立って本当に必要?改めて問い直すキャンペーンが始まります。

後悔のない30代を過ごしたい。ありとあらゆる分野のプロフェッショナルに、40歳から自分史上最高の10年を送るために「30代でやっておくべきこと」を聞いていきます。

記事ランキング
стоматологическая клиника

импланты зубные